1. 面接を受ける前に対策として確認しておきたい3つの基本的なこと

面接を受ける前に対策として確認しておきたい3つの基本的なこと


 面接をする機会というのは生きている中で多くはありません。そのため、どうやって面接に臨めば良いか分からないという人も多いのではないでしょうか。ここでは、面接経験の少ない人が面接を受ける前に対策として知っておきたいことを表情・目線・声の3つから紹介していこうと思います。

印象の良い表情

 面接で良い印象を与える表情は、口角が少し上がったにこやかな表情です。にこにこし過ぎているのは、かえってマイナスな印象を与えてしまいかねないので、口角を少し上げたくらいの控えめな笑顔が良いでしょう。

 そういった表情を面接本番でするためには、常日頃から鏡で自分の表情をチェックしておくべきです。自分では笑顔になっているつもりでも、意外と笑顔になっていないことはよくあるので、面接前に一度はチェックしておく必要があるでしょう。

面接での適切な目線

 面接は人と人とのコミュンケーションである以上、相手に悪い印象を抱かせないことが大切です。そのためには表情だけでなく目線に気を配っておくべきでしょう。基本的には相手の目をしっかり見て話すことを心がけるべきです。

 ただし、ずっと相手の目を見続けていると相手側が違和感を感じてしまうので、適度に目線を外すことも大切になります。

声の大きさとスピード

 面接では、自分が思っていることをきちんと面接官に伝えることが最も重要なことになります。自分の思っていることを相手に伝えるためには、話の構成なども重要ですが、それよりも声の大きさやスピードが大切です。

 声の大きさは普段の声のボリュームより、1〜2段階上げて話すようにすると良いでしょう。自分では声を出しているつもりでも、意外と出ていないことがあるので、1〜2段階くらいボリュームを上げて話すと丁度良いのではないでしょうか。

 また声のスピードは、普段のスピードよりも2段階くらい落として話すようにすると良いでしょう。早口で話してしまうと、自分の伝えたかったことが何一つ伝わらずに面接が終わってしまうこともあるので、とにかくゆっくり話すことを心がけましょう。面接前に友人にチェックしてもらうと短い期間で身に付けられると思います。


 以上、面接経験の少ない人が面接を受ける前に対策として知っておきたいことを紹介してきました。面接で良い評価を得るためには、まず基本をしっかり押さえておくことが大切です。まずは、ここで紹介した3つのことはきちんと意識して面接に臨めるようにしましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する