1. ミーティングのスケジュール調整を英語で行う場合の例文紹介

ミーティングのスケジュール調整を英語で行う場合の例文紹介

 国際的なビジネスシーンにおいて、仕事で英語を使う機会は大変多いでしょう。しかし、ビジネスシーンで英語を使うのが苦手という人も中にはいるでしょうここでは、英語でミーティングのスケジュール調整をする際の例文を紹介していきたいと思います。

1. 伺いを立てる時の例文

 ミーティングのスケジュール調整のお伺いを立てる際の英会話の例をいくつか紹介します。

①We are supposed to have a meeting ○○(日付け)at ○○(時間、場所).Please let us know your availability.

「私たちは○○(日付)の○○(時間)に○○(場所)でミーティングを開くことになっています。ご都合はいかがでしょうか?」

②We are thinking to hold meeting with you to solve the problem in ○○(日時) in our company. Could you make the time.

「私たちは弊社にて○○(日時)に問題の解決のためミーティングを開きたいと考えています。何時がよろしいでしょうか?」

③We would like to have the meeting either at your office or mine next week. Which will be more convenient to you?

「来週に、私たちは御社か弊社にてミーティングを催したいと思います。ご都合はどちらがよろしいですか?」

2. ミーティングの日程を再調整する際の例文

 次は、ミーティングの予定が相手にキャンセルまたは再調整依頼があった場合のスケジュール再調整のお伺いを立てる際の英会話の例をいくつか紹介します。

①We are rescheduling for next meeting. I will let you know the new schedule soon.

「私たちは次回のミーティングを再調整します。新しいスケジュールは追って連絡します。」

②We are able to have a meeting one week later.  If you would like to put it off the meeting, please don't hesitate to tell us.

「1週間後のミーティングは可能です。もし、先延ばしするのであれば遠慮なく申し付けて下さい。」

 以上の項目は簡単ではありますが、英語でミーティングのスケジュール調整または再調整する際のオペレーションに使う英会話を取り上げてみました。以上の例文を駆使して、自分なりに英語でのオペレーションを行ってみて下さい。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する