1. スーツを脱ぎ捨ててもいいのかも!私服勤務が仕事にもたらす2つのメリット

スーツを脱ぎ捨ててもいいのかも!私服勤務が仕事にもたらす2つのメリット

 
 最近では外資系企業やベンチャー企業など、 「私服勤務を認めている」会社が増えてきたように思います。 IT企業のなかでも急成長中のサイバーエージェントも私服勤務を認めている会社のひとつ。業績も好調でCMもたくさん打っています。サイバーエージェント発のゲームやアメブロを利用されている方も多いのではないでしょうか?他にも横浜ベイスターズやモバゲーを買収したDeNAや大手商社も私服勤務を認めているそうです。

 どうやら現在業績を伸ばしている会社はどんどん私服勤務になってきているそう。それは私服出勤が仕事にもたらすメリットがだんだんとはっきりしてきたからではないでしょうか。様々なサイトを検証し見えてきた私服出勤によって得られるメリットを2つご紹介したいと思います。

仕事の効率が上がる

 出勤前にビシッと服を決めて鏡に立つと「今日は仕事がうまくいきそうだ」と無意識におもったことはありませんか?それは服装がメンタル面においてプラスの効果を与えているからです。朝一番にモチベーションがあがると、その日一日の仕事がサクサク進みます。
 私服出勤だとこのメンタル面のプラス効果を日々得る事ができます。お気に入りの服やコーディネートに毎日身を包めば、ポジティブに始業でき、仕事の効率も上がる事間違いないでしょう。

イメージをコントロールできる

 「TPOを考える」これはビジネスにおいて必須のスキルといえます。クライアントの傾向を分析し。それに併せた提案をすることはだれもが実践していると思います。これは服装においてもいえることです。相手に併せて服を選ぶ事ができれば、ビジネスにおいての強みになることは間違いありません。

 また私服は自由にコーディネートが組めるため、相手にもたらすイメージを思いのままにコントロールできます。金融系などのかっちりしたイメージの企業が相手であればジャケットを選んできちんとした印象を与えるべきですし、グッズ製作などバラエティに富んだお仕事の企業が相手のときは流行の色使いを意識した方が良いでしょう。

 お会いする方に合わせて「どう思われるとプラスなのか」を考えて服を選べば、普段あまり接する機会のない業界の方であったとしてもプラスの印象を与える事ができます。相手が最初に見るのはあなたの外見です。相手によってもたらす印象を使い分ける事で仕事において追うレスの効果になるのは間違いないでしょう。

さいごに

 苦しい事も嫌な事もポジティブに乗り切れるとそれが明日の活力に繋がり、仕事に対してのやる気になります。こんなにメリットのある私服出勤。日本でこれからもっと私服勤務を推奨する会社が増えていく事を心から願っています。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する