1. 【幹事必見!】歓迎会の会費を連絡する際に注意すべきこと

【幹事必見!】歓迎会の会費を連絡する際に注意すべきこと


 「歓迎会」を開催するにあたって、参加者全員にきちんとアナウンスをする必要があります。お金に関わることですので、後々問題が起こらないように配慮しなければなりません。では、どのようなことに注意して会費の連絡をするべきなのでしょうか。

会費の内訳をきちんと明記する

 会費の連絡をする場合、会費の内訳きちんと明記してべき必要があります。自分が払ったお金が何に使われているのかが分かった方が、気持ちよく参加できるというものです。

 「会費(飲み代+花束代)」というように金額の用途をはっきりさせておけば、後で問題になる心配もなくなるでしょう。

徴収のタイミングをはっきりさせる

 会費に関する連絡をする時、注意しておくべきことは会費をいつ徴収するかをはっきりさせるということです。例えば、「会費 男性○,○○○円 女性○,○○○円 (会費は後日徴収します)」というように聴衆するタイミングをはっきりさせておけば、参加者も混乱せずに済むでしょう。

 基本的には、送迎会が開催される前に会費を徴収するのが一般的とされていますが、連絡をする際は徴収のタイミングは明確にしておくと良いでしょう。


 以上、歓迎会の会費を連絡する際に注意すべきことを紹介してきました。会費はお金に関わるデリケートな部分ですので、注意をはらって連絡することを心がけましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する