1. 組織のミーティングを活性化させるために知っておきたい2つの工夫

組織のミーティングを活性化させるために知っておきたい2つの工夫


組織のミーティングを活性化させるために知っておきたい2つの工夫 1番目の画像
 人を多く集め、長い時間ミーティングを行ったからといって効果的なアイデアが出てくることはあまりありません。効果的なアイデアを出すミーティングにするためには、参加者から様々な意見がでるようにミーティングを活性化させていく必要があります。では、ミーティングを活性化させ、生産性の高い時間を過ごすにはどうすれば良いのでしょうか?ここでは、ミーティングを活性化させる工夫を紹介していきたいと思います。

アジェンダにこだわり過ぎない

 アジェンダを用いてミーティングを行っている企業は多いと思います。ミーティングをスムーズに進めていくためにはアジェンダが重要となりますが、ミーティングを活性化したい場合はアジェンダが余計な役割を果たしてしまうかもしれません。

 アジェンダが設定されていると、進め方が明確になっているため淡々とミーティングが進められてしまいがちです。そうなってしまうと、参加者も意見が出しづらくなってしまい時間が無駄に過ぎていってしまいます。ですので、アジェンダを作るのは良いですが、あまりこだわり過ぎないようにすると良いでしょう。 
 

外部の人に参加してもらう

 ミーティングは、同じテーマを共有したメンバーしかいないため、思考が偏ってしまいがちです。それでは、ミーティングもマンネリ化してしまい、生産性のない時間を過ごすことにも繋がってしまいます。

 そういった状況に陥らないようにするためには、時々外部の人をミーティングに参加させるようにすると良いでしょう。外部の人は、先入観にとらわれない発言をしてくれるため、ミーティングを活性化させてくれるのに一役買ってくれるはずです。

 以上、ミーティングを活性化させる工夫を紹介してきました。貴重な時間を割いてミーティングを行うわけですから、「無駄な時間だった…」と思わないようにするためにも、ここで紹介したことを実践してみて下さい。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する