1. 魅力的な人材に見せる!転職面接の際に良い印象を与える「笑顔」とは?

魅力的な人材に見せる!転職面接の際に良い印象を与える「笑顔」とは?


 新卒と転職では、面接の時に笑顔の持つ意味は少し異なってきます。新卒の場合は無理に笑顔を作るよりも、終始真剣な表情で臨んだほうが、面接官に好印象を与えるでしょう。

 しかし、転職となると話は別です。真剣味をアピールすることに変りはありませんが、ある程度社会経験を積んでいるわけですから、そこに自然な人間味が加わったほうが魅力ある人材に見えるのです。ここでは、転職面接の際の笑顔について説明したいと思います。

面接での笑顔は「微笑」が基本

 笑顔にも様々な種類があります。例えば、「にやにや」や「にたにた」は、相手にマイナスの印象しか与えない笑顔です。一方、上品な微笑はどんな面接であっても良い評価を得られると言って良いでしょう。では上品な微笑とは、どのような笑顔なのでしょうか?具体的な例を挙げるのであれば、「仏像の微笑」です。

 しかし、「仏像のマネをするのは難しい」と感じる人もいると思います。そういった人は、世界の国家元首の笑顔を参考にすると良いでしょう。国の頂点に立つような人達は、自然で上品な笑顔を見せています。ですので、笑顔の作り方が分からないという人は、ニュース映像などに目を通すようにすると良いでしょう。そうすれば、自分なりの魅力的な笑顔の作り方が分かると思います。

笑顔には男女差もある

 女性と男性では笑顔によって面接官に与える印象が、基本的に少し違います。男性はあまり強い笑顔を見せると、良い印象を持たれない傾向にありますが、女性はそういった心配はほとんどありません。「女性にとって笑顔は最高の化粧法」という言葉があるくらいですので、女性の場合は、より濃い微笑を見せるようにしても良いかもしれません。

 いずれにしても、笑顔は人間にとって大切なコミュニケーションツールです。面接準備のために、魅力的な笑顔の作り方を身につけておけば、人生のどんなシーンでも、役立ってくれるはずです。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する