1. 上司の海外出張に同行する際に気をつけたいシーン別のマナー

上司の海外出張に同行する際に気をつけたいシーン別のマナー


 仕事をしていると、上司の出張に同行するという機会もあることでしょう。その際、上司への気遣い、気配り、自分が先回りして予約や手配をするということを上司は期待しています。しかし、具体的にどんなことに気をつけていけば良いか分からないという人も多いでしょう。ここでは、上司の海外出張に同行する際のマナーをシーン別にまとめました。

1. 飛行機に乗る時

 まず、飛行機に乗るまでのマナーを紹介していきます。意外と気を抜きがちなポイントですので、注意しましょう。

①行き先・便の名前は、早めの確認をしておきましょう。上司とあなたの予約などが別々の場合は、特に注意が必要です。もちろん、上司よりも早く空港についていることも、マナーの一つです。

②待ち合わせをして、集合後は、一緒に搭乗します。一人で勝手に搭乗口付近にいることがないようにしましょう。

2. 飛行機に乗っている時

 次に飛行機に乗っている際のマナーを紹介していきます。飛行機の乗ったからといって安心せず、上司の一挙手一投足に目を光らせ、先回りして行動することを心がけましょう。

①上司の荷物を上に載せるなどして、手伝いを積極的に行います。また、これからの出張業務がうまくいくように、身の回りの手伝いも行うと良いでしょう。

②上司が、快適に過ごせているかどうかにも気を配りましょう。

③目的の空港に着陸したら、一緒に飛行機から出られるようにしましょう。

3. 出張先での上司・取引先と一緒に食事をする時

 次に出張先で食事をする際に気をつけておきたいマナーを紹介します。料理の注文は、接待側に任せるのが基本です。飲み物のお代わりや配膳など、細かい場所にも気を配る必要があります。会話は、聞き手に徹したほうが無難で、相手も気持ちよく過ごせます。

4. ホテルにチェックインする時

 最後にホテルにチェックインする際のマナーを紹介していきたいと思います。宿泊するホテルに関して上司に尋ねられてから、答えるようでは遅いです。前もって情報をメモに書いておくなど、先回りした行動が大切です。例えば、何時起きるのか、朝刊が必要かどうかなどは聞いてあげると良いでしょう。

 出張中は上司からの評価を上げるチャンスでもあり、また下げてしまう危険もあります。良い印象を残せるように最低限ここで紹介したことは実践できるようになりましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する