1. 観客に伝わるプレゼンの時に使える、優れたスライドのデザインについて

観客に伝わるプレゼンの時に使える、優れたスライドのデザインについて

優れたデザインとは

 まず始めに、スライドはシンプルを心がけるということが基本になります。とりあえずシンプルであれば、どんなプレゼンにも対応していくことができるようになるからです。あまりにごちゃごちゃしていたり、スライド自体が不必要に複雑だったりした場合には、聴衆にとっても見にくいスライドになってしまいます。

 そのため、不必要なものがスライドにあることは絶対にあってはなりません。そして、スライドは窮屈にならないためにも、十分な余白や空間を確保する必要があります。「空いたスペースをなんとか埋めなければ」と焦る方もいらっしゃいますが、不必要な画像や写真、理解の助長にならないテキストボックスなどを用いることは不要です。無理にスペースを埋めようとするよりも、ゆとりを設けた方が、視覚的なメッセージ効果に繋がります。

シンプルなデザインのスライドをつくるコツ

 文章量を制限し、箇条書きを多用することも必要です。文章量を制限することで、スライドに置いて文字が大きくなり、誰にでも見やすく、読みやすくなります。中でも箇条書きは、一目で項目の理解が可能なためおすすめです。もし長々と伝えたい言葉があるのであれば、それは口頭で伝えた方がよいとされます。口頭で大切なことを伝えることで、聴衆はプレゼンにおける大切な部分を学ぶことができるでしょう。

 また、画面の切り替え効果やアニメーションを用いることも大切です。特に、スライドのアニメーションを画面の切り替え効果で使用する場合には注意することが必要です。全スライドにアニメーションを使ってしまえば、逆に聴衆にとっては見にくいものになります。なので、スライドの切り替え効果はせいぜい2、3種類程度にしておくのがよいでしょう。加えて、画像は高品質なものを使用することがお勧めです。画質が悪く、解像度の低いものを使用してしまえば、それが重要な写真だった場合に相手に大切なものを伝えることができません。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する