1. 聴衆に読み易いと思わせる!プレゼン資料の最適な文字量と構成

聴衆に読み易いと思わせる!プレゼン資料の最適な文字量と構成


 プレゼンの資料を作成していると、大画面で表示させるための資料や、聴衆に渡す資料を作成しなければならない時があります。しかし、状況に合わせた資料の構成や最適な文字数が分からないという人も多いと思います。ここでは、聴衆に読み易いと思わせる最適な文字量と資料構成を説明していきます。

最適な文字量は用紙の半分から3分の2まで

 プレゼン資料の最適な文字量は、用紙の半分から3分の2までと言われています。その文字数が最適と言われている理由は、聴取が読んでいても疲れず、またグラフや図を掲載しやすいからです。もし文字を上から下まで敷き詰めてしまうと図やグラフを入れることもできませんし、文字ばかりの資料では聴取も途中で飽きてしまいます。しかし、用紙の半分や3分の2に収めれば要点に絞って説明することができるのです。

 プレゼン資料の文字数に悩んでいるという人は、ここで紹介したポイントを押さえて資料を作成してみると良いでしょう。

最初に全体の説明と主要な部分を説明する

 プレゼン資料の構成として一番良い方法は、最初に話の全体を説明した後、主要な部分を説明してしまうことです。最初に主要な部分を説明することで、聴衆はプレゼンの大事な部分を理解した上で話を聞いてくれるため、プレゼンが終わった後の理解度に差が出てきます。

 また、途中で自分が何を言いたいのか分からなくなってしまったという事態を避けるためにも、主要な部分を最初に持ってくるのは効果的と言えるでしょう。

 聴衆が読み易いと思うような資料は、文字数と資料の構成にかかっていると言っても過言ではありません。プレゼンの資料を作成する際は、ここで紹介したポイントを押さえて取り組んでみて下さい。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する