1. 【2つのシーン別】会社関係の葬式の受付で名刺を差し出す際のマナー

【2つのシーン別】会社関係の葬式の受付で名刺を差し出す際のマナー


 職場の上司や同僚、また取引先の人など会社関係の葬式に参列した際、マナーをきちんと守らないと恥ずかしい思いをしてしまいます。葬式はあまり参列する機会も多くないため、マナーなど忘れてしまいがちでしょう。特に葬式の受付は何も考えずに済ませてしまっている人もいると思いますが、ちゃんとマナーがあるのです。ここでは、通常時、上司の代理として参列する時の2つに分けて葬式で名刺を差し出す際のマナーを紹介していきたいと思います。

1. 葬式に参列した時

 まず会社関係の人の葬式に参列した際の一般的な名刺のマナーを紹介していきます。基本的には下記の2点を注意しておけば大丈夫でしょう。

・名刺の右肩(右上)に”弔”の文字を書き入れます
・”弔”を書き入れない場合には、名刺の左下の端を内側に少し折る

 葬式後、誰が参加したか、どれくらいの人数が参加したかを数える際、余計な手間をとらせないためにも、この2点は最低限守るようにしましょう。

2. 代理として葬式に参列した時

 次に紹介するのが、上司の代理として葬式に参列した時です。普通に参列する時とは異なるので、少々注意が必要となります。

・出席できない人(あなたの上司)の名刺の右肩(右上)に”弔”の文字を書き入れます
・自分の名刺の右肩(右上)に”代”の文字を書き入れます

 受付では、上司の名刺も一緒に出してください。こうすることで本来、来るべきだった上司の代理人として葬式に参列したということを示すことができます。受付が用意されていない時などは、焼香の際に香典と名刺を祭壇に供えるという方法もあります。名刺を渡しても、必ず芳名帳に記帳することを忘れないようにしましょう。上司の代理として参列した時、記帳は上司の肩書きと名前を記帳しましょう。香典袋の表書きも上司名を記入します。

 
 会社の代表として参列する時、上司の代理人として参列する際には、マナーを全く知らない会社だと思われないように、ここで紹介した最低限のマナーは守って葬式に参列しましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する