1. 面接で緊張しない為の三つの対策

面接で緊張しない為の三つの対策

 採用試験などで、面接は避けて通れない道です。その後の将来を左右するかもしれないことなので、多くの人は緊張をしてしまい、実際の力を十分に発揮できない事も多々あります。

 しかし、緊張する事なく面接を行う事が出来れば、多くの人よりも良い面接を行う事が出来る事になります。ここでは、面接で緊張しない為に必要な対策方法についてご紹介します。

しっかりと準備をする

 緊張には失敗を恐れている事もあります。失敗が出来ないという気持ちから、不安に陥ってしまう事も珍しくないのです。そこで思ってしまうのは、想定外な質問であったり、他の人の回答がよく聞こえてしまう事にあります。よく失敗を重ねればいいというのもありますが、面接での失敗は状況によってはトラウマとして面接前に出てきてしまい、更なる緊張を招いてしまう事もあります。

 最初から成功するように、準備をしっかりとしておく事によって緊張をしないように対処する事が出来るのです。その為には想定される質問などを考えておく事によって対処する事が可能です。最近では就職活動のネットワークも幅広くあるので、受ける企業の情報交換をしている事もあります。そこで行われた面接の内容なども書いてある事もあるので、全てを鵜呑みにはせずに参考程度に見ておく事も大切な事です。

場数を踏んでおく

 面接と一言でいっても、本人にとって重要性は受ける企業によって違いがあります。本命や狙っている会社を受ける前に、何社か練習のつもりで受ける事も対策では重要な事です。面接は独特の雰囲気で行われるので、いきなり本命の所に面接に行っても緊張してしまい失敗してしまう恐れがあります。

 その為には十分な場数を踏んでから挑む事も大切な事で、それを行うだけでも後々に行う面接で緊張しないようにする事ができます。本命でなくても本番を想定した準備と心持ちで望む事が次に繋がっていきます。

 この時に模擬面接などを行える場所もありますが、これはあくまでも本番ではないので独特の緊張感を味わう事ができませんので注意が必要です。しかし模擬面接では弱点なども知る事が出来るので、緊張を和らげる効果があります。

緊張を和らげる呼吸法やツボを覚える

 お腹にゆっくりと鼻から息を吸い込み、ゆっくりと全ての息を吐き出すようにするようにする事で緊張を和らげる事ができます。更に手のひらの真ん中に労宮と呼ばれる緊張を緩和してくれるツボがありますので、ここを指などで刺激する事によって緊張を少しでも無くす事ができます。

 この二つの方法を面接を行う前にしておく事によって、面接本番の時には緊張感がなく受ける事が可能になります。これは面接直前の待合室などでも自然に座ったままする事が出来るので、習慣づけると良いです。また、こういった習慣というのを大事にしておくと、これを行っている時には余計な事を考える事もないので、自然と緊張をしないようにする事も出来るのです。

 このように準備と対策をしっかりと行い、ツボや呼吸法など覚えておく事によって、面接で緊張をしないで望む事が出来るようになります。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する