1. 経営戦略における競争優位性を考えるときの3つの視点

経営戦略における競争優位性を考えるときの3つの視点

  • 1265views
  • 0fav

 経営戦略とは読んで字の如く、会社の事業を展開していく上で考えねばならない戦略のことで、数多くの場面で使われている言葉ですが、具体的に想像しづらいという一面も持ち合わせています。ここでは、経営戦略の肝である「競争優位性」に注目して、競争優位性がと何なのかということを説明していきます。

競争優位性とは

 競争優位性とは、競合がひしめき合うある市場において、それなりの市場占有率を持っている状況におり、トップシェアではないにしてもその市場で戦えるだての状態にある力のことを指します。従って、経営戦略の中でも最も中核として考えなければいけず、他社と比較し絶えず相対化を繰り返しながら強化していくものなのです。

 では次に、競争優位性の3つのポイントについて説明していきます。

競争優位性3つのポイント

コストリーダーシップ戦略

 これは主に、価格で勝負するか否かを決定する戦略のことです。価格は重要な購買決定の要因なので、価格面で競争優位に立てば良いという考えを前提として考える概念です 
 
 規模の経済が’期待できるほどの大きな資本力をもった企業にとっては有効な戦略ですが、中小やベンチャーではあまり有効ではありません。

差別化戦略

 コストリーダーシップ戦略とは異なり、こちらは価格ではなくその他の分野で勝負することを差別化戦略といいます。マーケティングを勉強していたり、新商品開発などに携わったことのある人は実際に触れたことがあると思います。

 これは具体的に、昨日やデザインだけではなく顧客へのアフターフォローや独自の販売ルートを設けたりすることも、差別化戦略の1つです。

集中化戦略

 これは競争優位という部分に最も近い戦略です。というのも、この戦略はニッチな市場で競争力を持ち、他社が入り込む余地を与えずに安定した業績を挙げることを目的とした戦略だからです。

 狭い市場に集中するため市場規模は他と比べ小さいものの、その市場ではシェアを取り、他社の追随を許さないような戦略を取っていくことで自社の競争優位が守られます。

 経営戦略を策定する際には、ぜひ競争優位性の3つのポイントから考えるようにしてみて下さい。きっと良い戦略を立てることが出来るようになります。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する