1. 「失敗したらどうしよう」と考えないことが重要!面接で緊張しないためにすべきこと

「失敗したらどうしよう」と考えないことが重要!面接で緊張しないためにすべきこと

by t-miki

面接で緊張してしまう原因

 面接で緊張してしまう原因は大きく2つ挙げられると思います。1つ目は自分を必要以上に大きく見せようとしてしまうことです。自分がやったこと以上の成果を面接で求めても緊張しますし、なかなか結果に結びつかないのではないでしょうか。

 もう1つは「失敗してしまったらどうしよう…」と失敗を必要以上に恐れている場合です。失敗することもありますが、それを恐れたがあまり失敗してしまうことがあるというのを覚えておくといいでしょう。

緊張しないためにすべきこと

 緊張しないためにすべきことは、自分がどういう仕事をしたいのかということを的確に理解することです。これがわかっていれば、必要以上に自分を大きくみせる必要もなくなるでしょう。転職や中途採用を受ける決意をしたきっかけや理由、なぜその会社でなければならないのかという志望動機を具体的にする中で、緊張は改善していくでしょう。

 また、失敗を恐れないためには、事前に用意周到に準備し、努力を多くするということが挙げられます。「絶対に失敗しない」と自分が確信できるようになれば、緊張しなくなるでしょう。質問をある程度想定し、答える練習をしたり、面接が決定してからすぐに準備にとりかかるようにしましょう。



 ここでは、面接で緊張しないためにすべきことを紹介しました。緊張しないためには、自分をもう一度見つめなおし、準備を徹底的に行うことが重要ですので、緊張しがちの方は参考にしてみてください。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する