1. 面接で緊張してしまっても面接官の評価を下げない方法

面接で緊張してしまっても面接官の評価を下げない方法

by hiroooooki

緊張すること自体はマイナスではない

 緊張してしまったら絶対にマイナスの評価になってしまうと考えている人がいますが、そうとは限りません。むしろ、面接では緊張していることを相手は承知のうえで面接を行っていると言えます。まずは、失敗してしまったら…とおもって過剰に緊張しないようにしましょう。

緊張しても評価を落とさない方法

 緊張して評価が下がってしまうのは、緊張することで、言いたいことが言えなかったり、話せず黙ってしまう場合です。緊張していても話をうまく聞き、上手に受け答えするためには、自分を良く見せようとしないことが重要です。また、文章を暗記するのではなく、イメージを箇条書きで書いての臨むような対策をしていると、話が飛んで沈黙してしまうということもなくなり、評価も下がらないでしょう。



 ここでは、面接で緊張してしまっても面接官の評価を下げない方法を紹介しました。緊張を受け入れ、緊張したときの対策を十分に行うことで評価を下げずに済みますので、ぜひ実践してみてください。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する