1. 面接で「短所は何ですか?」と聞かれた場合に考えたい、自分の弱みの言い方

面接で「短所は何ですか?」と聞かれた場合に考えたい、自分の弱みの言い方

by Takashi(aes256)

質問の意図を探る

 なぜ面接であなたの弱みを聞いてくるのか考えると、自ずと言い方も考えられるようになるのでしょう。面接で短所を聞く理由としては、自分をどれだけ知ることができているのかという能力や、自分の短所を認める性格の素直さを見ています。まずは、それを意識してみることが短所の言い方に繋がるでしょう。

短所の具体的な言い方

率直に短所を認め、説明する

 まず、必要なのが、短所をしっかりと受け止めて認めるということです。よく、自分の強みを裏返して言い換える場合もありますが、それでは、相手の意図と反する答えになってしまうので良くありません。正直に自分の短所を言いましょう。

仕事に支障の出そうなものは言わない

 ケアレスミスが多いですとか、寝坊してしまうというような短所は、ビジネスにおいてマイナスの部分がかなり大きいため、言わないようにするのが賢明でしょう。

短所を克服するために努力していることも言う

 短所を克服する為に努力していることも言うと、相手にはかなり良い印象を与えることができます。成長し、努力する意欲を見せるというのはかなりのアピールポイントになるのではないでしょうか。


 ここでは、面接で短所を聞かれた時の言い方を紹介しました。短所をしっかりと受け止め、努力しているという姿を表現するのが、面接の短所の言い方として適切ですので、参考にしてみてください。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する