1. 【転職を成功させるために】転職の面接で志望動機を聞かれた時に話す内容

【転職を成功させるために】転職の面接で志望動機を聞かれた時に話す内容


 転職の面接において志望動機を聞かれた時にどんな内容を話すのか。それは転職を決めるのに大きな要因となることですから、とても大切な事です。そして、こちらの思いをただ一方的に話すのではなく、相手がどんなことを聞きたいのか、面接からあなたの何を知りたがっているのかを把握しておくことが必要です。そして、その会社でどんな働きができるのかを印象づけることが大事な事になります。

この会社で何をしたいのかを話す

 面接において、その会社の良さを語ることはよくあります。自分がいかにその良さや魅力に惹かれて、その会社を選んだかをアピールするパターンです。それは面接する側にとっては聞いていて嫌なことではありませんが、決して聞きたいことではありません。そこであなたが何をしたいのか、どんなところに力を注いでくれるのかを知りたいのです。

 相手側にとって、あなたの仕事ぶりははっきりとわかるわけではありません。もちろん、熱意は必要ですし、その会社に惚れ込むことも大事なことです。けれども、むしろどんな事に取り組めるのか、問題などが発生した時にどれほどの対処する能力があるのかを知りたいのです。また、問題点や課題を探し出す能力も問われます。それこそが、会社としてはぜひ確保したいと思う人材なのですから。そこで、アピールすることは、その会社でどんな働きができるのか、どういったところにあなたの能力を活かすことができるのかといった内容となります。

良さよりむしろ、課題を示すつもりで

 自分が面接を受けている会社の課題をこちらから示すなどといったことは、相手からすれば余計なお世話ですが、もちろんあからさまにそこまで語る必要はありません。しかし面接において話す内容としては、そのくらいの意気込みは必要です。自分がそこにいかに力を注ぎたいと思っているかをアピールすることができます。

 そのためには、まず会社の仕事内容について良く把握しておくことが必要です。どんな仕事内容なのか、もちろん事前に詳しく知る術はないでしょうが、ある程度のことはわかっているわけですから、そこから仕事の流れをイメージしておきます。面接時に詳しい業務内容を聞いてからが勝負です。その中でどんな点が要となるのか自分なりに推測します。そしてそれに対して自分はどう取り組むことができるのかを伝えます。

 もしかしたらそれは、見当違いな事かも知れません。けれど、それはそれでそのような視点を持っているということがアピールできます。そこから相手は、あなたの課題把握能力とそれに取り組もうとする前向きな姿勢を読み取ります。

 自分がどんな能力を知りたがっているのか、面接における話の内容はその点に注意が必要です。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する