1. 英会話をマスターしたい人へ、英語を喋れるようになるために必要な3つのステップ

英会話をマスターしたい人へ、英語を喋れるようになるために必要な3つのステップ

 学生時代、英語の成績が上位だった人でも会話となると苦手意識を持ってしまいます。リスニングは聞いて理解するだけ、読解は読んで理解するだけですが、会話は相手の言っていることを瞬時に理解した上で、自分の意見を英語で述べなければなりません。苦手意識を持って当たり前とも言えます。

 しかし、コツさえ掴めば後は特訓で誰でも喋れるようになるのです。今回は基本的な英語知識でも、英会話が上手くなるコツをご紹介します。ぜひ、ビジネスシーンにも応用して活かしてみてください。

とにかくよく聞くこと

 まず第一のコツは、とにかく英語を聞くことです。英会話は相手の言うことを「聞いて、理解し、自分の意見を伝える」の3ステップから成り立ちます。どんなに語彙力があり、文法の知識がある人でも、英語を聞き取ることが出来なければ会話は成り立ちません。

 まずはこの「聞く力」を鍛えましょう。コツはとにかく英語を繰り返し聞くことです。英語の映画でも良いです。YouTubeのアニメや教育テレビでも構いません。とにかく、同じものを何回も繰り返し聞いてください。最初は呪文のように聞こえる英語が、そのうち言葉として聞こえるようになります。内容は理解出来なくても構いません。なんとなく真似して喋ることが出来るようになるまで聞いてみましょう。

英会話のパターンを意味と一緒に覚える

 第二のコツは、お気に入りの英語を覚えてしまうことです。何回も繰り返し聞いた映画やアニメのセリフを、日本語の意味とともに覚えます。会話は大体決まったパターンというものがあり、映画やアニメでも、日常生活で使えるパターンが喋られていますので、それを意味と一緒に覚えてしまいましょう。

 例えば映画だったら、まずは英語音声と日本語字幕で見て、慣れたら英語音声と英語字幕で見てください。「こう言われたらこう返す」パターンや、「こういう気持ちのときはこう喋る」「この場面ではこの言い方」などが何となくわかってくるはずです。

実際に会話を再現する

 英会話を聞き取れて意味も掴めるようになったら、次は英会話を「再現」しましょう。理想はネイティブと実際に会話をして、経験を積んでいくことなのですが、英会話に苦手意識を持っている方は、そもそもネイティブと触れ合う機会が少ないと思います。

 そこでオススメしたいのが「妄想英会話」です。今まで練習で使った映画やアニメの世界に自分が飛び込んだ妄想をしましょう。その世界でキャラクターと英語で会話してください。物語を妄想するのが苦手でしたら、好きなハリウッド俳優へのインタビューの妄想でも勉強になります。

 何と言ったら良いかわからない時は、何度でも辞書をひいてください。辞書を使うのが面倒くさい時は、ネットの翻訳サイトでも構いません。自分で使える英語の表現を増やしましょう。

 英会話は一日にしてならず。ビジネスシーンでも使えるようになるためには、こいした小さなことから始めなければいけません。何度も繰り返し繰り返し聞いて、理解して、喋ることが英会話をマスターするコツです。苦にならないように楽しく工夫して学びましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する