1. 葬式の時に基本となる服装と持ち物

葬式の時に基本となる服装と持ち物

by BONGURI
 ビジネスの大事な関わりあいを持った人が亡くなった時に葬式に行きますが、その時に注意すべき事は服装と持ち物です。葬式に最適な格好をしていかないと親族に迷惑を掛ける事がありますので、基本的な葬式の時の適した格好や持参するものを知っておく必要があります。ここでは葬式で基本的となる服装と持ち物について書いていきます。

葬式に参加するときに気を付けたい服装

男性の場合

 男性は喪服か、なければ黒やグレーのスーツに白いワイシャツを着て、黒いネクタイを付けて黒い靴下に黒い靴を履くのが基本となっています。この時に黒でも目立つようなものも良くなく、基本のものであっても他の人が見て気になるような柄があったりするのは止めましょう。
 
 時計なども他の人が見て気になるようなものは良くなく、特に光ってしまうようなものは避ける必要があります。

女性の場合

 女性の服装も喪服か、なければ黒やグレーのスーツやワンピースが基本となっています。この時に素肌が出てしまう事に気を付ける必要があり、季節に関係なく肌が出るのは最低限に留めておく事が大切な事です。

 スカートを履いていく場合には、正座など座る事を想定した丈の長さにも気を付ける必要があります。そして生足ではいけないので、黒いストッキングを着用する事で肌が出るのを少しでも少なくします。

 装飾品も男性同様に光ってしまうものは避け、結婚指輪や真珠などだけにします。

持ち物で気を付けたいこと

 葬式に参加する時ですが、香典と数珠は必ず持っていくように心がけたい持ち物と言えるでしょう。

 香典は霊前に供えるものであり、葬式に行く時には忘れてはならない持ち物の一つです。入れる金額は自身の年齢や親族関係によって違いがありますので注意が必要になります。香典はそのまま袋だけを持っていくのではなく、袱紗に包んでいく事が基本となっていますので注意が必要になります。

 仏式の場合に合掌礼拝をする時には、数珠を持って行う事が基本となっています。それ以外の神道などの場合には持っていく必要がないので、葬式に行く前に確認することが重要な事です。数珠には持ち方があり、基本は左手で扱い、持ったり掛けたりする事が求められます。数珠はレンタルなどをする事なく、自分用のものを持っておく事が大切です。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する