1. プレゼン資料を配布する際に知っておきたい最適なサイズとその理由

プレゼン資料を配布する際に知っておきたい最適なサイズとその理由


 プレゼンを作成する際は、聴衆用の資料を配布することでしょう。その際、聴衆に配る資料の最適なサイズは何かと悩む人もいるのではないでしょうか。ここでは、聴衆に配るプレゼン資料の最適なサイズを紹介していきたいと思います。

インパクトを与える際に使用するサイズ 

 仕事をしていると、他社と競合してプレゼンを行う場合もあることでしょう。そういった際、他社と同じようなサイズの資料を配布していても印象に残りません。

 他社と競合してプレゼンをする際は、A3サイズの資料を作成してみるのが良いでしょう。A3サイズはA4を2枚合わせた程度の大きさですので、資料のサイズとしては大きすぎず、かつインパクトを与えるのに適したサイズになります。また内容は、文字よりも図を多く活用すると良いでしょう。紹介したい商品を全面に持って来たり、ページの半分以上を図にしてしてみるのも良いかもしれません。そうすれば聴衆の注目を集めることができるでしょう。

ページ数が多い場合は小さめのサイズにする 

 資料を作成していると、掲載するページが多くなってしまう場合もあると思います。そういった場合は、A5ぐらいのサイズを活用するのが良いでしょう。ページ数が多い資料を大きめのサイズで配ってしまうと、内容を理解するのに時間がかかってしまいます。

 もしページ数が多くなってしまった場合は、小さめのサイズで印刷し、聴衆の負担をなるべく少なくしてげあげるような配慮が大切になります。


 以上、聴衆に配るプレゼン資料の最適なサイズを紹介してきました。もし、配布する資料のサイズに悩んだ際、ここで紹介したことを意識してみて下さい。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する