1. お世話になったビジネス関係の人に暑中見舞いとして送る手紙の選び方・書き方

お世話になったビジネス関係の人に暑中見舞いとして送る手紙の選び方・書き方

by ajari
 暑中見舞いは、暑さが厳しい時期に、相手の安否を気づかうとともに、こちらの近況を伝える役目をします。猛暑の中で働き通して疲れてしまったときに爽やかで心のこもった手紙が会社や取引先の人から届くととても嬉しく元気付けられますね。ここでは、暑中見舞いや残暑見舞いの手紙の書き方やマナーについて書きたいと思います。

暑中見舞いを出す時期や手紙の種類について

 暑中見舞いは7月上旬の梅雨明けの時期から、8月6日頃までの間に出すといいでしょう。お中元をいただく時期とも重なっていますので、お中元のお礼状を兼ねた暑中見舞いのお便りを出すようなかたちでもいいのではないでしょうか。

 暑中見舞いの葉書きには文章だけでなく、涼を感じるイラストや、西瓜、ヒマワリ、海といった夏を感じさせる風物詩のイラストを入れておくといいですね。夏の風物詩をとりいれた涼しげなさし絵の暑中見舞いも市販されているのでそれを利用するのもいいでしょう。

暑中見舞いの書き方について

 暑中見舞いの手紙の書き方を説明します。書く内容はだいたい次のようなことで、普通の手紙のように頭語と結語は入れなくていいです。

挨拶文

 「暑中お見舞い申し上げます」という言葉をまず書くようにしましょう。これで季節のあいさつも同時に済ませたことになります。

内容

 内容ですが、 書き手の近況報告や、 相手の体調を気づかう言葉を入れるようにしましょう。「暑さが厳しい季節となりましたが、いかがお過ごしでしょうか?」「こちらは元気にやっています」というようなものでいいでしょう。
 
 この内容部分ですが、ビジネスシーンで関わりのある人に送る場合ですと、会社のことや、仕事の近況報告を入れてもいいのではないでしょうか。会社の夏季休業期間はいつまでか、送る相手との案件の進み具合はどうなっているかを盛り込むとビジネスらしい暑中見舞いになります。

最後の部分

 暑中見舞いの締めの部分には、自分の名前と会社名、そして年度を必ず入れておくようにしましょう。


 このような暑中見舞いの書き方のマナーを守って、人とのあたたかいつながりを持ちましょう。暑中見舞いの挨拶を欠かさないことは、ビジネスでも大切になってきますので、送るように心がけましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する