1. 取引先に暑中見舞いを送る時に「気がきいているな」と相手に思わせる一言の書き方

取引先に暑中見舞いを送る時に「気がきいているな」と相手に思わせる一言の書き方

by Aube insanité
 暑中見舞いとは、はがきやメールで日頃の感謝を伝える挨拶です。ビジネスにおいては、取引先へのフォローとなり、重要なイベントとなります。「普段お世話になっています」という気持ちを伝えるのと同時に、「これからも宜しくお願いします」という挨拶を取引先に伝えることができる機会です。

ビジネスの連絡事項を入れる

 ビジネス用の暑中見舞いでは、夏季の営業期間ですとか、夏季に行われるセールなどの連絡事項を盛り込むとよいでしょう。例えば、「当店は、夏季も変わらず営業いたしておりますので、皆様のお越しを心よりお待ち申し上げます。」といった一言を入れるとよいでしょう。

ビジネスで送る暑中見舞いの挨拶の一言

 また、「猛暑が続いておりますが、貴社におかれましては、ますますご隆昌のこととお慶び申し上げます。」というように、始まりの文章では、相手の企業を気遣うような一言をいれます。

 また文末には、「今後とも倍旧のご愛顧を賜わりたく、謹んでお願い申し上げる次第です。」というように今後も付き合いを継続させたいというようなニュアンスの挨拶を付け加えると、しっかりとしたビジネス用の文章になるかと思います。


 ビジネス用の暑中見舞いでは、ビジネスの事にしっかり触れることが重要になってくるということを紹介しました。暑中見舞いを上手に使って、スキルがあるビジネスマンを目指しましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する