1. 中途採用の面接で志望動機を聞かれた時に、自分を売り込むための答え方

中途採用の面接で志望動機を聞かれた時に、自分を売り込むための答え方

by Kabacchi

志望先の会社の下調べを入念に行う

 業務の内容をパンフレットに掲載されているような漠然としたもので志望動機に盛り込んでしまうと、「似たような業務をしている会社ならどこでも良いんじゃないのか?」という印象を相手に与えてしまいます。

 「どうしてその会社でなければならないのか?」を表現する時に見ておきたいのが、その企業の経営理念です。経営理念が自分の考えと沿っているということを志望動機とすれば、貴社で働きたいという意思を明確に相手に伝えることができます。

自分の能力と絡めた返答を行う

 転職希望者であれば、自分を採用すると利益がどれだけあるのかをアピールする必要があります。ぱっと考えただけではまったく会社の経営に関係のない技能でも、話の展開方法次第では相手を説得するための武器になります。 

 自分の持っている技能・スキルを業務内容や普段の日常の中から一つ一つ掘り下げて理解することで思いがけない武器を手に入れることができます。自分の持っている武器をいかに強く相手に見せて自分を欲しいと思わせるかを理解していれば志望動機の言い方としては満点と言えるでしょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する