1. ジェスチャーをうまく使える練習をする方法

ジェスチャーをうまく使える練習をする方法

 プレゼンなどでスピーチをする際などに、言葉だけでなくジェスチャーを使うことによって、より聴衆に自分の言いたいことを説得的に話すことができる用意なると思われます。

 しかしそうは思っていても、どこでどのようなジェスチャーを行えばいいのか練習しようにもわからない方が多いのではないでしょうか。そこで、ジェスチャーを使いながら効果的に話すことができるような練習方法をお伝えしたいと思います。

アピールしたいポイントを強調しよう

 まず、プレゼンなどで話をする際に、自分がどの点を特に強調したいのかということを考えると思います。その時に、重要な点を強く強調したいときには「加圧スタイル」というものを試してみてください。

 「加圧スタイル」とは、手や首などを大きく上下に動かす方法であり、歴史上雄弁家と言われた人たちがよく利用していた方法であります。この動きによって、相手にここが大事であるということを強くアピールする際には、ぜひこの動きを取り入れて話す練習をしましょう。

 また、ゆっくりと相手に近づく方法も、ある種の迫力を感じますので相手は説得されやすくなるそうです。ただし、あまりに急に近づかないでください。かえって圧迫感を感じてしまい相手に警戒感を与えてします結果になりますので、相手に近づく速度には注意しましょう。聴衆の人数が多い時には、1,2歩程度前に出る程度でよいです。

聴衆に見られていることを意識しよう

 スピーチをする際に忘れてはならないのは、聴衆は効くのと同時にあなたを見ています。それなので、ジェスチャー以外にも顔の表情にも注意しましょう。

 何か失敗した時に、顔やジャスチャーに出てしまうと聴衆もそれを感じてしまい、説得力に影響が出てしまいますので、失敗した時に表情などに出ないように話す練習をしましょう。また、聴衆が大勢いるときには聴衆全体にはっきりと伝えにといけませんので、ジェスチャーも数に応じて大きする意識をしながら話すことが肝心であるといえます。

 後は、ジェスチャーにもメリハリをつけてください。あまりに関係ないところでジェスチャーをしながら話していても聴衆は聞きづらく感じますので、時には小さく動かしたり、話さないといった少しの間をあえて作っていただければ、聞きやすいスピーチなどになるでしょう。

 後は、他人に見てもらうなどしてしっかりとリハーサルをしてください。以上のような注意点や動作を取り入れて練習すれば、聴衆を説得しやすくなるジェスチャーが身につくでしょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する