1. 「話す内容がまったくない…」という人でも上手く話せる、転職面接の志望動機の作り方

「話す内容がまったくない…」という人でも上手く話せる、転職面接の志望動機の作り方

by twiy111
 転職希望者の人の中には、なかなか志望動機が見つからずに困っているという方もいるのではないでしょうか。しかし、「求人があったから」「お金が欲しいから」という理由では、志望動機として不適切です。ここでは、志望動機が見つからず困っている人に向けて、志望動機の作り方を紹介したいと思います。

「やりたくない」を反転させる

 「やりたくない」と思っていることがある人はそれを反転させることで、「やりたい」に繋がるのではないでしょうか。自分がなぜ転職したいと思ったのか、自分が今いる会社での不満や、悩みをまずはリストアップしてみましょう。そして、その解決方法を考えていくと、志望理由も自ずと見つかるのではないでしょうか。

主語を自分に置き換える

 「貴社は」「御社は」という文言で志望動機を考えていませんか?それですと、下調べをする時間がかかってしまいますし、相手がどういう風に思っているかを無視して、自分の意見を押し付けているような志望動機になる恐れがあります。自分がやってきたこと、自分のやりたいことを中心にして志望動機を書けば、会社を中心に考えるよりも楽に志望動機を書くことが出来るでしょう。


 ここでは、転職の面接での志望動機の作り方を紹介しました。「志望動機がない」というのは深く考えていないということではないでしょうか。ここで紹介したことを活かし、しっかりと志望動機を作って下さい。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する