1. プレゼンの構成で上手な話し方の特徴

プレゼンの構成で上手な話し方の特徴


 プレゼンで大切なことは相手にいかに伝えるかの一言に尽きますが、どんなにいい資料を作成してもダラダラ話しをする、あるいは緊張して言葉が出ないなんてことになると、せっかくの資料も活かせなくなります。もちろん資料の構成を上手に作成することも大切なことですが、上手な話し方をするということもとても大切なことです。そこで聞く人を惹きつける話し方について考えることにします。 

伝えたいことを明確にしよう

 説明上手な人というのは、伝えたい人がその人の中で明確になっています。資料の内容をよく把握できなければ、自信をもって説明をすることも困難です。自信があるからこそポイントを絞って簡潔に話をすることができるだけでなく、説明も迷うことがないのです。その際に難しい専門用語を使うこともなく、使うにしてもちゃんと説明ができるのが特徴です。

 しかし、内容をきちんと把握できていても、人前で話すことが苦手な人もいます。緊張して頭では理解していても声に出せないこともあります。そのような人は、次のような動作をしてみましょう。まずは演台などを軽くつかむことです。そして脚は肩幅程度に開き、重心を落としてゆっくり動き続けるのです。これで解決できる人も多くいるはずですので、まずは試しに実行することです。何かをつかむ、あるいは重心を落とすことで体をリラックスさせるのです。

簡潔に、情熱的に

 話し上手な人はテーマが明確です。そして情熱を見せます。また決して棒読みはしません。自分が紹介している商品や提案に対して自信と誇りを持って語ります。そしてプレゼンの概略を示し、数字に意味を持たせるということも構成を考えて行ないます。そして忘れられない演出をします。視覚に訴えるスライドを用意して一つのショーとして見せます。そのためにより構成の良い資料を作成するのです。そして人間誰しもミスはします。そんなミスを指摘されても動じないのです。メリットを強調し、繰り返しリハーサルを行います。何度も練習するからこそ、自信が湧いてくるのです。 


 プレゼンは間合いの取り方一つで印象が変わります。間のタイミングは難しいところですが、上手な話し方の人は一番伝えたいことを言う直前に1回だけ間を取る傾向があります。これも効果的な方法です。


U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する