1. 転職時の面接で志望動機を話すときの適切な時間と文章の長さ

転職時の面接で志望動機を話すときの適切な時間と文章の長さ

転職時の面接で志望動機を話すときの適切な時間と文章の長さ 1番目の画像
by Ian Sane

適切な時間の長さ

 適切な時間の長さですが、これといった決まりはありません。しかし、人が話していてわかりやすい文章を伝えるために必要十分な時間としては、1分から3分弱の間であると考えられます。

面接中に時間を意識する必要はない

 ここまで、適切な志望動機の時間の長さを話しましたが、面接中に時間を意識する必要はありません。かえって時間を意識してしまうと、自分の熱意ややる気がみえなくなる恐れもありますので、時間は頭の片隅に置く程度にしておき、本番では、時間は意識しないようにしましょう。

適切な文章の長さ

 原稿や、先に志望動機を考えたいという人は、文章としての長さも気になると思いますが、話を聴きやすいスピードは、1分で300文字から400文字話すぐらいの速度と言われています。先ほどの適切な長さと合わせると、だいたい300文字から900文字程度が適切と言えるでしょう。

 先ほどの時間の話と同様に、時間を意識しすぎないようにしましょう。早口になったりせず、ゆっくり話し、一生懸命相手に伝えるように努力しましょう。



 ここでは、転職時の面接で志望動機を話すときの適切な時間と文章の長さを紹介しました。わかりやすいスピーチの時間はありますが、それを意識することが逆効果になる場合もあり、念頭に置く程度でいいと考えられます。わかりやすく話すということを心がけて志望動機を話すようにしましょう。 

忙しくても転職活動をしたい!社会人の味方「リクルートエージェント」

転職時の面接で志望動機を話すときの適切な時間と文章の長さ 2番目の画像

 必要書類の準備、面接対策、待遇の交渉……転職に必要な手続きは多い。

 毎日仕事に追われている社会人には、どうしても時間が取れず転職活動を進めにくいものだ。

 しかし、「リクルートエージェント」ならそのような悩みなく転職を進められるかもしれない。

 株式会社リクルートが運営する「リクルートエージェント」は、転職成功実績No.1の転職エージェントだ。最大の強みは、時間のない社会人でも利用しやすいサービスにある。

 土日祝日・平日20時以降も対応・電話相談してくれるほか、履歴書・職務経歴書の添削や年収交渉の代行も請け負ってくれるため、効率よく転職活動を進めることができる。

 また、無料会員登録するだけで転職に便利なコンテンツや面接対策セミナーも利用できるため、転職に必要なサポートがすべて詰まっているといってもいい。

 初めての転職でも、「リクルートエージェント」に登録しておけば安心だ。まずは会員登録をして、情報収集するところから始めてみよう。


U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する