1. 【読みやすい文章を!】履歴書で長い文章を書くときの改行の仕方

【読みやすい文章を!】履歴書で長い文章を書くときの改行の仕方

by maaco

履歴書内で改行することは許されるのか?

 履歴書内で改行することはいけないことであると認識している方も中にはいるのではないでしょうか。基本的に履歴書内で改行をしてスタイルを変更しても、それが禁止されているということはありません。むしろ、長い志望動機や自己アピールを書くときには改行を用いて見やすくすることで、採用担当者も理解しやすい文章ができます。ただ、短い文章ですと、あまりにも改行が多い文章は読みにくいのでやめましょう。

改行を用いるタイミング

 改行を用いるタイミングですが、基本的には文章の切れ目で用いるのが最適です。また、「まず」「次に」というような文章の展開にする場合には、1つずつ区切ってあると読みやすいでしょう。原則として1文は40字から60字が最適と言われています。それを目安にして、改行を入れていくようにしましょう。

 
 ここでは、履歴書の文章に改行を入れてもいいのか、ということと、改行を入れるタイミングを説明しました。改行をうまく利用することで、見やすい履歴書の文章を作成しましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する