1. 自分の思い通りになる!プレゼンで伝えたいポイントを伝えられるまとめの書き方

自分の思い通りになる!プレゼンで伝えたいポイントを伝えられるまとめの書き方

 プレゼン作成で、どのような内容の提案をして、どのように商品などの魅力を相手に伝えていくかの事前準備をしていくのではあるのですが、最後の詰めの段階でどのように最後にプレゼンの内容をまとめて書くべきであるかということを
悩むことがあるでしょう。終わりよければすべてよしというように、逆にまとめがよくないと印象が悪くなってしまうことがあります。そこで、プレゼンのまとめの書き方でいい印象を残せるようなコツを提示します。

一番に伝えたいことを繰り返す

 プレゼンは、対象となる企画や、商品などの魅力をアピールするためのものです。ですから、最後にそれらの中身を聞いてもらっている方々に印象付けるようにするためには、一番伝えたいことを見つけてアピールしてください。ほとんどの人はプレゼンの全ての中身を聞いて、知ろうとしたり記憶することは出来ないのですから、記憶のどこかでイメージを植えつけておく必要があります。

 そして、最後のまとめには何が言いたいかということを端的に書く場所でありますから、多くの方々はそこを見てどのようなものであるかということを最終的に判断するのです。ですので、まず最初に何が一番言いたいかということが端的に伝えることを第一に考えましょう。

伝えたいポイントは、短くシンプルに

 次に、プレゼンのまとめを印象付けるためのキーワードを作成しましょう。キーワードは、基本的になるべく短くしてください。人間というものは面倒くさがりであり、あまり長いと覚えたいという意欲が減ります。そうなると記憶に残りにくくなるので、なるべく手短にして、相手に印象が残りやすいキーワードを伝えましょう。また、その他にも印象付けるため、サイズを大きくしたり、色を変えて文字を表示すること、キーワードの所だけ背景をかえるといった基本的な印象付けは必ずしましょう。

 また、同じキーワードをまとめの中で何度も書いておくのも有効です。勉強でも同じように、何度も復習をして刺激を与えることにより記憶に定着するように、何度も伝えることで、相手も印象を強く持ってくれるでしょう。後は、誰もが理解できるようなわかりやすいキーワードを作ってください。


 以上のような点を取り入れて、プレゼンの最後のまとめをうまくまとめて、相手にプレゼンの内容に良い印象を持ってもらい今後の業績の向上などにつなげましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する