1. 訪問営業の成果を上げるために知っておくべきマニュアル作成方法

訪問営業の成果を上げるために知っておくべきマニュアル作成方法


 訪問営業の成果を上げるためには、マニュアルの作成が必要でしょう。全ての業務においてプロセスは必要です。訪問営業を行う場合、マニュアルなどを見て基本知識、流れを把握しておいた方が、効率よく仕事を行えるでしょう。また、マニュアルがないと、サービスの質にばらつきが出てくる可能性もあります。効率化、統一化を図るのであれば、マニュアルの作成をするべきではないでしょうか?ここでは、マニュアルの作成に必要な事項を取幾つか紹介していきたいと思います。

1. 訪問営業の基本知識 

 全ての仕事は、基本があってこそ自分なりのスキルを身につけることができるというものです。訪問営業とは?その仕事の意味とは?訪問営業を行うにあたっての姿勢とは?顧客とのコミュニケーション方法とは?など、基本の知識をはじめに記載することは、これからその仕事に携わる者として、また訪問営業マンとしての心構えにもつながります。

2. 訪問営業においての実践ノウハウ

 訪問営業は、人対人のコミュニケーションから成り立ちます。対話術のような話し方のスキル、人の心理に関して、営業のコツなど、会社によって、他の営業マンによって内容は様々です。実践あって、経験あってスキルが身につく仕事ではありますが、マニュアル内に、経験に基づいた実践ノウハウ(実例をあげて)を含めることもお勧めします。実例があることにより、応用することが可能になります。

3. チェックリストの作成 

 多くのマニュアルに欠かせないのが、チェックリストですが、訪問営業において、自分自身の評価や改善にもつながります。次につなげることもでき、反省すべき点もチェックすることができ、チェックリストがある場合、上司、担当者に提出するという場合がほとんどです。提出を義務づける場合は、そのように記載しておく必要があります。営業マン自信の営業スキルの向上にもつながり、営業においての生産性も高まることでしょう。

4. クレーム対応に関して 

 営業という仕事では、人と人とが密接に関わりあうものなので、必ずといっていいほどクレームはあると考えられます。クレームの内容も大なり小なりあるのでしょうが、それに適した対処ができることが必要です。形式的なお詫びの言葉、文章なども記載するのもよいのですが、今までに起こったクレーム内容、実例を記載しておくのも良いでしょう。そうすることにより、クレームが発生する前に、事前に防げることも可能です。マニュアル内容に必要な項目だと考えられますが、結局は人と人とのコミュニケーションなので、その場での人間力や、相手に対しての気持ちや配慮も重要になってくるということも記載しておくことが重要です。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する