1. プレゼン発表で資料を上手く伝え、聴衆を惹き付ける3つのコツ

プレゼン発表で資料を上手く伝え、聴衆を惹き付ける3つのコツ

 プレゼンを作成する際に、いったいどのような方向性でどのように作ればいいのかということがわからなくて、プレゼンの発表で何が言いたいのかをうまく伝えられなくてプレゼンを失敗してしまったいうことがあるのではないでしょうか。そのような方々に、プレゼンの作成をうまくするためにはどのようなことをやっていけば良いのかというコツを提示します。

1. まずターゲットを明確に

 プレゼンというものは、一定の対象に何を伝えたいか発表するものですので、その対象をまず設定する必要があります。それなのえ、まず最初に行うことはプレゼンのテーマの作成のための対象設定にあると言えます。

 そして、プレゼンの対象を決める際には、プレゼンの対象の年齢層、目的、商品、企画、重要視したい点などをあらかじめ決めておく必要があるでしょう。そうすることによって、どの方向でプレゼンを作成するという指針ができるので、その次の段階に行くための道筋や資料集めの方向性を決められるのであって、最初の段階で、どうすればいいかわからなくて立ち往生しているような状況から抜け出し、相手に何を発表したいのかわからないようなテーマ設定をすることを防ぐことができます。

2. 目次で道筋を提示

 テーマが決まれば、次にそのテーマに沿って何を伝えればよいのかということをが見えてきますので、次にどのような道筋でプレゼン内容を作成することを想定することがプレゼン作成でのコツです。では、どのようにして道筋を立てるのでしょうか。

 まず、目次を作成してみてください。目次を作成することによって、具体的にを伝えたいのかということを浮かべやすくなるので、スムーズなプレゼン資料の作成にはまず目次を作成してみましょう。

 次に、目次の順序としては、最初に結論をもってきてからデータや根拠の内容を持ってくるようにしてください。相手に結論から伝えることで、プレゼンの重要点を最初に理解してもらうことができるので、相手がはどのような話であるのか入り込みやすくなるからです。また、目次は相手に何を伝えたいのかということが一目でわかる部分であります。目次が相手に与える印象によって中身の印象も変わってしまいますので、自分が伝えたいことと違ってしまうといったことにもなりかねません。それほど、目次の作成は重要なものですので、特に目次は注意しましょう。

3. 中身は全て相手目線で

 目次ができれば後は中身を詰めていくことです。ここでまず、中身を作る際には伝えたいことを端的に伝えられているかどうかです。あまりに長い内容は、相手の頭に知識が入ってきにくいですので、わかりやすい中身を作るのが求められます。そのためには見やすいデータを貼ってみたりして視覚に訴えることや、端的な文章を書いて中身をよりよく伝えられるようにしましょう。

 また、目次と内容があっていないと読み手に中身が伝わりにくくなるので、目次と中身が一致していないかどうかも注意しながら書きましょう。後は客観的に見ても、伝わるような内容でなければ相手は納得しませんので、主観的に納得して終わりというようなことにならないように、客観的なデータの作成や、事前に他の人にチェックを入れてもらうことも良いでしょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する