1. 【夏のビジネスマナー】暑中見舞いの返事が遅れてしまった時の対処法

【夏のビジネスマナー】暑中見舞いの返事が遅れてしまった時の対処法

by 【J】
 ビジネス関連の方から暑中見舞いの手紙が届く方も多いのではないでしょうか。しかし、仕事が多忙になってしまい返事が遅れてしまうこともあるでしょう。暑中見舞いは返事を返すのがマナーですが、ここでは返事が遅れてしまった時の対処方法を記述したいと思います。 

8月6日を過ぎたら残暑見舞いとして送る

 夏場であっても8月の6日を過ぎると暑中見舞いにはなりません。それを確認せずに立秋を過ぎた期間に出すとマナー違反となります。それよりも遅く出す場合は、残暑見舞いという扱いになります。返事が遅れてしまったと慌てて暑中見舞いを送るのでなく、まずはカレンダーで確認して送るのが暑中見舞いなのか残暑見舞いなのかを確認してから出すようにしましょう。

返事に挨拶とお詫びを入れる

 暑中見舞いに返事をするときは、暑中見舞いを送っていただけたことに対してのお礼の言葉を書き入れましょう。文面は難しく考えることもなく、送っていただけたことに対して「暑中見舞いをいただき、ありがとうございます。」というようなお礼の一言だけで問題はないでしょう。 

 また、返事が遅れてしまった時は、「返事が遅れてしまい、誠に申し訳ありません」というような文章を加えることで配慮が行き届いた返事になります。


 ここでは暑中見舞いの返事が遅れてしまった時の対処法を紹介しました。焦らず、お詫びの文章を入れて、時期を考えて送るように心がけましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する