1. 満足のいくプレゼンを!テーマを伝える上で気をつけるべき3つの課題

満足のいくプレゼンを!テーマを伝える上で気をつけるべき3つの課題

 プレゼンで気をつけるべき課題とは、そのテーマから導き出す全体像が聴き手にはっきり伝わるかどうかです。プレゼンは冒頭が肝心です。聴き手の興味関心が、一番高い時に惹きつけることが重要です。それは、プレゼン成功の明暗につながるでしょう。そこで、テーマをしっかり考えることによって、聴き手が受けるプレゼンの初めの印象が全く異なってきます。これから、いくつかテーマを伝える上で気をつけるべき課題を挙げていきたいと思います。そこに気をつけて優れたプレゼンを行いましょう。

内容や方向性がイメージできる

 テーマは必ず、聴き手にとってインパクトがあり、そこからの内容や方向性といった全体像がイメージできるものでなければならないということです。テーマは初めにくるもので、聴き手に直球で入ってくるものです。簡単に言うと「受けそうな、受け入れられやすそうな」テーマということです。

必要な情報を簡潔に伝える

 初めにくるテーマには、聴き手が望んでいるものの要素が含まれていることが好ましいと考えられます。それには、聴き手は何を望んでいるのか、どうしたいのか、などを考えることで聴き手の興味を惹くテーマを導き出すことができるでしょう。プレゼンでは、テーマからだけでも聴き手にとって、必要な情報を簡潔に伝えるということも必要です。

話し手も聴き手も同じ足並みで

 テーマにのっとって、話して側も聴き手側も方向性が同じでなければなりません。テーマがしっかりしていないと全体像が定まらず、聴き手は全くイメージすることができません。同じく、話して側も話がばらばらになり、何を重点的に話したいのかがわからなくなってしまいます。両者同じ方向に進むためには、わかりやすく、的を得たテーマをしっかり掲げることです。話して側だけが暴走することなく、聴き手側の立場になって、両者足並み揃えて同じ方向に進めるように気をつけて下さい。


 テーマからだけでも、聴き手の興味を惹き、プレゼンの全体像をイメージさせるようにすることが重要で気をつけるべき課題です。何を目的としてプレゼンを行うのかを見失わないようにしましょう。他、プレゼンに必要なのは、テーマからだけで必要な情報を簡潔に伝えられるように考慮しましょう。以上のことを気をつけて取り組んでみてはいかがでしょうか。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する