1. 【夏の挨拶】暑中見舞いの手紙の最初の挨拶の一文の書き方

【夏の挨拶】暑中見舞いの手紙の最初の挨拶の一文の書き方

by Kanko*
 普段お世話になった人に暑中見舞いを出すという人も多いのではないでしょうか。そこで気になるのが暑中見舞いの最初に書きだす挨拶文です。定型文ですと、気持ちがなんとなく伝わりませんし、かと言って自分で書くとなかなか良い挨拶が書けないという悩みもあるでしょう。そこでここでは、暑中見舞いの手紙を送る際に気を付けたい最初の挨拶文の書き方を説明します。

家族やペットなど、身近なものに触れる

 印象が良い挨拶として、家族やペットのことを気にかけるような挨拶文を書くといいのではないでしょうか。例えば、「連日猛暑が続いておりますがご家族はお元気でしょうか」というような文章を入れてみるといいでしょう。ビジネスの話ばかりになってしまうと相手も気を張ってしまいがちです。暑中見舞いの挨拶では、ビジネス以外の事にも触れるといいのかもしれません。

お世話になったことを記述する

 もう一つの書き方は、そのお客様と何らかの取引があった場合に記述する方法です。例えば、「〇〇の件では大変お世話になりました」と書いてみましょう。すると相手もどういう仕事であったのか思い出し、中には丁寧に挨拶を書いてくれたのだから今度もこの人に頼もうという人もいるでしょう。また、取引があった日付や時期も書いておくと具体的になりよりよい挨拶文になるでしょう。

 
 暑中見舞いの手紙を出す際の最初の挨拶文を上手く書く方法をここでは取り上げました。他にも書き方はあると思いますが、このような挨拶の書き方もあると念頭に置いておくといいのではないでしょうか。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する