1. 【ビジネスの第一歩!】名刺交換で同時に名刺を出してしまった際にマナーとして注意したいこと

【ビジネスの第一歩!】名刺交換で同時に名刺を出してしまった際にマナーとして注意したいこと


by Sig.
 ビジネスにおいて、名刺交換はコミュニケーションを取るためにも欠かせないものです。名刺交換をする際に気を付けたいこととして、名刺を出すタイミングがありますが、 もし、相手と同じタイミングで名刺を出してしまった場合の対処法をあなたは知っていますか?ここでは同時に名刺を出してしまった際にマナーとして気を付けたいことをテーマに話を進めていきます。 

自分の名刺を下にして差し出す

 取引や商談の際に同時に名刺を出してしまったら、相手の差し出した名刺より、 自分の名刺の高さを下にして差し出しましょう。差し出された名刺を受け取ることに注意を向けてばかりで、あまり注意を払えていない部分でもあるかもしれませんが、名刺の高さを考えて差し出すことで、相手からの第一印象は良い方向へと傾くでしょう。 

先に受け取ってはだめ! まずは相手から

 同時に名刺を出してしまった場合は、自分から受け取ってはいけません。同時に出してしまった場合でも、相手が受け取るのを待ってから名刺を受け取りましょう。 

 そして相手が受け取ったのならば、相手に聞こえる声で「頂戴いたします」とことわってから名刺を受け取ります。 

先に名刺を受け取ってしまった時は

 名刺を出す順番は、目下の人が最初であるのがマナーの原則です。 しかし同時に名刺を出してしまった際は、目上の人から先に名刺を差し出してくる場合もあるでしょう。このときは急いで名刺を渡そうとしてはいけません。素直に「お先にいただいてしまい申し訳ありません」と一言添えて名刺をそっと差し出しましょう。 
 

 名刺交換はビジネススタートの大切なシーンのひとつです。 名刺交換のマナーによって相手の印象も変わってきます。 この記事をぜひとも参考にして、ビジネスチャンスを掴んでください。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する