1. こうすれば分かりやすい!メッセージが伝わるグラフの作り方

こうすれば分かりやすい!メッセージが伝わるグラフの作り方


 プレゼンに分かりやすいグラフは必要不可欠です。とはいっても、グラフなんてただ数値を入れるだけだと思っている人も多いのではないでしょうか?ここでは、伝わりにくいグラフを脱するために気を付けるべき点を紹介します。

どのグラフを使うか考える

 疎かにされやすいのがグラフの選択です。メッセージを伝えるためにはどのグラフが最適なのかはしっかり考えましょう。例えば割合を示したいなら、円グラフが基本ですがその中にも複数の種類があります。その中でもドーナツ型なら中心に総額が表示できるなど、グラフごとの細かい特性があります。それらを考慮して慎重に使うグラフを選びましょう。また、複数のグラフを一つにまとめるのも有効な方法です。

不要な数値や目盛りは削除する

 デフォルトの状態では目盛りや細かい数値が表示されることが多いですが、これも不要なら削除しましょう。グラフは見やすさが第一です。特に背景の線は邪魔なことが多いので極力消すべきです。


 グラフを作るときには何を伝えたいかを必ず明確にするべきです。そのためには必要なデータは強調し、不要なものは削っていくように心がけましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する