1. PowerPointで保存せずに閉じてしまったファイルを復元させる方法

PowerPointで保存せずに閉じてしまったファイルを復元させる方法

PowerPointで保存せずに閉じてしまったファイルを復元させる方法 1番目の画像

 PowerPointを使ってプレゼン用スライドを作っていて、せっかく作り終えたのに保存せずに閉じてしまった……なんて経験はないだろうか?

 時間をかけて作ったスライドが無くなるのは相当悔しいはず。

 そこで本記事では、間違えてPowerPointを閉じてしまってもファイルを元通りに復元させる方法を紹介したい。

PowerPointの「新規ファイル」を保存せずに閉じた場合の復元方法

 PowerPointを使ってスライドを作っているとき、新規文書を一度も保存せずに閉じてしまったり、新規文書を編集中に強制終了してしまったりすることがある。

 その場合のファイル復元方法が以下の通りだ。

【新規ファイルの場合】未保存のPowerPointファイルを復元する方法

  • 1. PowerPointを起動 > 「ファイル」タブ > 「最近使用したファイル」をクリック
  • 2. 画面右下の「保存されていないプレゼンテーションの回復」をクリック
  • 3. 保存されていない文書の一覧 > 目的のファイルを選択 > 「開く」をクリック
  • 4. ファイル上部のバーに表示されている「名前を付けて保存」をクリック > PowerPointファイルとして保存する

PowerPointの「既存ファイル」を保存せずに閉じた場合の復元方法

 新規ファイルではなく、既存文書を上書き保存せずに閉じてしまった場合はどのように復元すればいいのだろうか?

 既存ファイルを上書き保存しなかった場合のファイル復元方法が以下の通りだ。

【既存ファイルの場合】未保存のPowerPointファイルを復元する方法

  • 1. 該当ファイルを選択 > 「ファイル」タブをクリック
  • 2. バージョンに表示されている「保存しないで終了」のバージョンをクリック
  • 3. 保存していない内容が復元されたファイルが開く > 「名前をつけて保存」をクリック > PowerPointファイルとして保存する


 PowerPointのファイルをうっかり保存して忘れてしまうことや、予期せぬPCのシャットダウンによってうまく保存できないトラブルは、往々にしてあるものだ。

 もし間違って未保存のままファイルを閉じてしまった場合は、焦らずに記事で紹介した復元方法を思い出してみてほしい。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する