1. 【相手に好印象を与える】転職時の面接で気をつけておくべき話し方のマナー

【相手に好印象を与える】転職時の面接で気をつけておくべき話し方のマナー


 転職や就職の際には必ず「面接」があります。面接では、どのように話すべきなのか、自分のことをどのように面接で話せば効果的なのか、ついつい迷ってしまうことでしょう。しかし、ここでは面接を乗り切るための話し方を幾つか紹介していこうと思います。

面接の会話例

 転職での面接で聞かれる質問には、幾つかの質問があります。 中には答えにくいような質問もあるでしょう。 例えば「転職の回数が多いのはなぜですか?」といった質問です。 そのような質問をされた場合は、転職回数が多いことを前向きに答えることが大事になります。 例を挙げれば、「確かに転職は今まで何回も繰り返してきました。しかし、そのおかげで○○や○○など、様々な技術や幅広い知識を取り入れることができました。なので他の分野にて知識が欲しくなった場合などに役立つと思います。」といったような受け答えです。
 
 他にも、「前の会社を辞めてからブランクがありますが、何故ですか?」と聞かれることがあります。 そのような場合には、応募職種について勉強していたこと、アルバイトをしていたこと、海外旅行をしてスキルを身につけていたことなどをアピールするのもよいでしょう。 しかし、「内定が得られないため今に至っています」や「気分転換のため、遊んでいました」などという回答は、ネガティブに捉えられるため、気をつけましょう。 面接において大切なことは、どれくらい前向きな気持ちで面接に挑めるかということが勝負になってくるのです。

面接での話し方のマナー

 面接は、人柄ややる気、会社に会う人かどうかを探るために行います。 ですので、第一印象を特に気を付けましょう。 第一印象を良くするためには、面接でお腹から声を出すということが重要です。 また、同時に笑顔で挨拶をすることも大切になります。 この時に、目線が定まっていなかったり、ネガティブな表情だったりすると、第一印象は悪くなってしまいます。 それらを防ぐためにも、堂々と声を出すということがマナーになります。
 
 早口や声のトーンが高くなること、捲し立てるような話し方はよくありません。 また、手や指の先がもじもじとしていたり、足を貧乏ゆすりしているということもあってはなりません。 これでは相手に集中できないと思われてしまい、マナー違反になってしまいます。 面接官は意外と細かい部分も見ているものです。 客観的に自分の動きを意識することで、面接での発言が冷静になり、コミュニケーションをとる余裕が持てるでしょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する