1. 顧客を囲い込んでリピーターにするために大切な戦略の考え方

顧客を囲い込んでリピーターにするために大切な戦略の考え方

 営業などで「せっかく手に入れた顧客を他のライバル会社にとられてしまった。どうにかして、自身の顧客を自分の会社から離れないように囲い込んでおいて、安定的な運営を目指したい。」という風に、毎日顧客をどうやって固定的なお客様になってもらえるかということに、四苦八苦している方も多いと思います。

 顧客を一度掴んだら離さないようにし、ロイヤリティ化を測ることはビジネスをしていく上でとても重要なことです。そこで今回は、顧客を囲い込むために何が必要であるのかという戦略をご紹介します。

顧客に対してのスピード感

 まずビジネスの基本戦略として、顧客に対しては何事にもスピード感が求められます。例えば、新しい市場を開拓するにも、他の会社に顧客を取られないように素早く商談して契約成立をさせれば顧客がまずついてくれますし、一度頼んだのであれば、次も相談や契約に応じてくれる可能性が高まります。継続的契約が前提ならなおのこと素早く契約を取り付けることが肝心となるでしょう。

 また、顧客からの要望に素早く対応すれば、顧客は自己の要望を素早く満たしてくれると感じますので、顧客はまたここに頼もうという気になります。ですので、まずビジネスにおいては仕事のスピードを重視してください。

 ただし、速さを求めるのもいいですが雑な仕事だけは避けてください。それは、顧客が離れてしまう大きな原因になります。スピードだけで解決できないときには、顧客とゆっくり相談して時間をかけて丁寧に対応しましょう。

会社独自の付加価値で顧客を離さない

 次に、他の会社が持っていない特別な価値観によって、顧客の囲い込み戦略を行うことが考えられます。特定の商品でも、限定品という言葉を聞くと人間はそれを手に入れてほかの人との差をつけたいという欲求にかられますし、自社にしかないということは顧客の欲求をこちらに向けるということに繋がります。そういった価値を付けることによって、顧客が離れることを防止し囲い込むことに利用するのです。

 特定の製品でライバルがいなければ顧客はその会社に受注を頼らなければならないのであるから、独自の技術で顧客を囲い込むことができます。また、ライバルがいる商品や業種でも、サービス・料金などの差別化で顧客を引き寄せつつ固定化させることができますし、商品のブランド価値を構築することによって、一定の客層を固めることができるでしょう。

 顧客を囲い込むということは企業にとって最重要項目と言っても過言ではないので、その部分には特に気をつけて戦略を組んでいくようにしましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する