1. これは覚えておきたい!英語で営業挨拶をする際の心構え

これは覚えておきたい!英語で営業挨拶をする際の心構え


これは覚えておきたい!英語で営業挨拶をする際の心構え 1番目の画像

英語で営業挨拶をする時の心構えについて

 日本での挨拶は、通例頭を下げるお辞儀が一般的なので、余り相手の眼を見つめることはしない場合が多いです。けれども、欧米人との挨拶の場合、初対面ならば握手を交わすことから始めます。このとき、必ず相手の目をしっかりと見つめ、軽く笑顔で挨拶することが大切です。目と目を合わせて、見つめ合うことが、欧米でのコミュニケーションの基本です。
 
 例えば、目をそらして挨拶をすると、心にやましいことがあるような、あるいは、仕事上信用できない人だというマイナスの印象を与えてしまいますので、くれぐれも注意した方が良いと思います。また、途中で目線を泳がせてしまう事も、印象が悪くなってしまうので、注意が必要です。

英語での営業挨拶の方法

 海外からのお客様の場合に使われる表現には、下記のものがあります。こちらから、お客様をお迎えする場合は、あくまでもこちらが、エスコートし、会話の主導権を持つことが大切です。歓迎の意を示すトークとして具体的には、本日はお越しくださってありがとうございますを英語で言うと「Thank you for comingtoday.」となります。また別の表現として、わざわざお越しくださり、誠にありがとうございますを英訳すると「Thank you very much for taking your time to come over.」です。
 
 相手のへの気遣いの会話表現をたくさん覚えて、その時々にあった言い回しで挨拶をすると、いざというとき役に立つと思います。会話を交わしながら、お互いの共通の話題を探す努力が何より良い人間関係を築く近道といえるかもしれません。

名刺交換をする場合

 初対面の際に必ずといってよいほど行われる名刺交換の注意点を紹介したいと思います。名刺交換をする時の注意点は、日本人は、名刺は人の代わりになる大切な物というイメージですが、欧米の場合、「名刺は人だ」という考えはありませんので、メモ代わりに使ったり、ぞんざいに扱うこともあります。この点は文化の違いなので、割り切った方が良いかもしれません。
 
 名刺交換は、挨拶の後にします。日本のように会ってすぐに名刺交換はせず、まず握手をし、挨拶をした後、名刺を交換します。名刺交換は、基本的に訪問者から先に手渡すのが一般的なやり方です。そして、名刺は日本と同様に必ず両手でやり取りします。名刺を受け取る際、相手の名前の発音、アクセントを確認しておくと、後で失礼がなくてすみます。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する