1. 英語の営業挨拶ポイント|英語で営業する際の事前準備&英語力を生かした営業職が見つかる転職サイト4選

英語の営業挨拶ポイント|英語で営業する際の事前準備&英語力を生かした営業職が見つかる転職サイト4選

英語の営業挨拶ポイント|英語で営業する際の事前準備&英語力を生かした営業職が見つかる転職サイト4選 1番目の画像

 企業によっては国内に留まらず、海外企業と取引するということもあるだろう。

 英語が不得意であっても、海外営業に使えるポイントを押さえているだけで相手からの印象は良くなり、仕事の成果も違ってくる。

 本記事では、海外営業で大切な挨拶や心構え、さらに英語での営業職を探す際におすすめの転職サイトを紹介しよう。

英語で営業する前にしておきたいこと

 英語での商談は手短に、スマートに済ませる必要がある。

 商談本番になって話す内容がまとまっていないという事態を避けるためにも、事前に準備をしておこう。 

英語で営業するための事前準備 

 英語で営業する前に、自社の製品について英語でしっかり理解する必要がある。

 英語のカタログ内容を理解するためにも、英単語や伝え方などで不明瞭な点があれば、他の担当者から事前にアドバイスを貰っておこう。

 相手先も事前にカタログをチェックしている可能性が高いため、商品について質問されたときにスムーズに答えられなければ信用を得られない恐れがある。

 いくつかのシチュエーションに対応できるように、自分なりの英語表現を頭の中に入れておくことが大切だ。

 営業当日は自信を持って、自社の製品を売り込んでいこう。

英語で営業挨拶をするポイント

 日本と同じ営業方法で営業をかけてしまうと、相手も驚いてしまう。

 海外企業に営業する際には、まず海外の営業の仕方を知っている必要がある。

 海外企業に営業をかける際の基本である「英語で営業をかけるときの挨拶の仕方」について見ていこう。

【英語で営業挨拶をするポイント①】しっかり目を見て、握手をする

 日本で営業をする場合、挨拶をするときには通例頭を下げるお辞儀が一般的だ。

 一方で、海外の人と挨拶する場合、握手を交わすことから始める。

 握手をする際は相手の目をしっかりと見つめ、軽く笑顔で挨拶することを意識しよう。

 目線を泳がせずにしっかりと目を見ることが、欧米でのコミュニケーションの基本である。

【英語で営業挨拶をするポイント②】名刺を交換する

 日本人にとって名刺は大切なイメージだが、海外では日本ほど名刺社会ではないことも覚えておこう。

 仮に名刺交換する場合、名刺交換は挨拶の後にするのが一般的だ。

 握手をして挨拶をした後、訪問者から先に手渡すのが基本である。名刺を渡す際は、日本のやり方同様両手を使って相手に差し出そう。

 名刺交換の際に相手の名前の発音やアクセントを確認しておくと、後で無礼を働かないだろう。

英語力を生かした営業職が見つかる転職サイト4選

 最近では外資系企業が増えたことなどがきっかけで、仕事で英語を使う営業職の需要が増えている。

 英語を使った営業職にチャレンジしたい場合は、以下で紹介する転職サイトがおすすめだ。

【 英語での営業職を掴む転職サイト①】Careercross

 英語が活かせる外資系、グローバル企業転職求人サイトだ。

 英語面接対策セミナーもあり、英文履歴書の基本など、勉強になる情報も豊富なためおすすめだ。

【 英語での営業職を掴む転職サイト②】Japantimesjobs

 自分のスキルから、細分化しながら転職先を見つけることができる。

【 英語での営業職を掴む転職サイト③】マイナビ転職グローバル

 海外での勤務地も検索することができる。履歴書の書き方等の特集ページもある。 

【 英語での営業職を掴む転職サイト④】DODAグローバル

 転職成功ガイドというページもあり、勉強になるだろう。 


 本記事では、英語で営業する際のポイントを紹介してきた。

 英語での営業に興味がある人は上記の転職サイトを活用して、グローバルに活躍できる場所を見つけてほしい。

 英語に自信がなくとも、営業の経験を重ねていくうちに自然とスキルがついてくるはずだ。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する