1. 相手に感謝を伝える!歓迎会での「寸志」の渡し方

相手に感謝を伝える!歓迎会での「寸志」の渡し方


 会社で歓迎会を開いていただく際、会費を出さないかわりに、寸志を包んで渡すという日本特有の風習があります。風習といっても強制のものではありません。会社によって違うものですが、そういった社風があるところでは、寸志というものについての知識、渡し方などを知っておいた方が良いでしょう。ここでは、歓迎会での寸志の渡し方を紹介していきたいと思います。

寸志とは? 

 寸志とは、心ばかりの贈り物という意味で、自分の贈りものをへりくだっていう言葉です。歓迎会での寸志とは、会費の代わりの「少しばかりの心づけ」という意味にあたります。寸志という言葉は、目上から目下へ向けて渡すときに使われるため、目下から目上に向けては、「御礼」などが適切だと考えられます。このような知識もしっかり把握して、心づけである寸志を包むようにしてください。

寸志の渡し方

 まずは、寸志を払う習慣のある社風なのか把握しておきましょう。歓迎会が開かれる前に、幹事や、自分以外に同じ主役として参加される人などに聞いておくと良いです。寸志を包むという社風がある場合は、それに従った方が良いので、歓迎会が始まる前に幹事へ渡すのが良いでしょう。

 ただ、渡すタイミングなどは会社によって定まっていないのが正直なところです。また、主役が管理職のような役職のある人の場合は、一般社員よりも多めに寸志を包んで、幹事に事前に渡していることもあります。渡し方において特別な規定はありませんが、歓迎会の始める前が無難だと考えられます。 
 
 
 社風だから、風習だからという理由で事務的に行うよりも、歓迎していただくことに、感謝を持って「少しばかりの心づけ」を渡すことを意識してみると良いかもしれません。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する