1. 「話し方を変えたい…」と思っている人におくる、話上手になるためのトレーニング方法

「話し方を変えたい…」と思っている人におくる、話上手になるためのトレーニング方法


 会議の時などに話をしている時、言わないほうがいいことをつい口に出してしまい、話を聞いている相手を不快にさせてしまった経験をした人はいると思います。そういった経験をしてしまうと、自身の話し方を何とかして変えたいと思うことでしょう。ここでは、話し方を変える方法を紹介していきたいと思います。

1. 自分がなりたいと思っている人物をイメージする

 自分が直したい思っている癖が分からないと、直しようがないので、まずは自分にどのような癖があるのかを認識しておきます。そして、直したいと思っている癖を認識出来たら、話し方をどのように直したいかを意識するのです。それを意識することができたら、後は自分の中でなりたい思っている人物をイメージし、その人になりきります。
 
 この方法はインスタントモデリングと言われ、自分の中でなりたいイメージの人間になりきることにより、その人と同じように振舞えるようになるという方法です。想像する人物はあなたの身近にいる尊敬できる人でも構いませんし、歴史上の人物でも構いません。まずは、どのようになりたいかをイメージしてみるといいでしょう。

2. とにかく練習をして習慣化する 

 次に、どんなことでも同じなのですが、とにかく練習をし、イメージしている人に近づけるようにします。特別に練習時間を設けるだけでなく、日常の会話でもイメージを意識して練習するようにしましょう。そして、それを習慣化していきます。人間とは習慣で生きているため、日常の行動は日々の生活の習慣によって決定されていると言われています。
 
 習慣は、意識をすれば変えられるので、日常の行動であなたが話したいと思うイメージを常に持っておくと良いでしょう。最初は、意識しながらやらないと身に付かないので、難しいかもしれません。しかし、意識しなくてもできるようになればもうほとんど大丈夫です。理想の話し方が習慣化してできるようになっていると思います。

 
 以上のように、悪い話し方の癖を変えて、自信を持てるような話し方ができるようになれば、他人とも恐れずに会話ができるようになります。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する