1. 【コミュニケーションスキルを磨く】少しの工夫で印象がグッと良くなる話し方のポイント

【コミュニケーションスキルを磨く】少しの工夫で印象がグッと良くなる話し方のポイント


 面白い話ができない、あまり上手に話しができない悩んでいる人は多いのではないでしょうか。しかし、話し方を少し工夫するだけで周囲に与える印象は全く違ったものになります。話し方が与える印象は、プレゼンや会議の場面だけでなく、仕事をしていく上でもプライベートの友人関係にも影響してくるものです。ここでは、印象がグッと良くなる話し方をポイントを紹介していこうと思います。

声のトーン、話し口調の速さが与える印象 

 プレゼンなど、人に話を聞かせる場面では普段の声よりもワントーン低めの声を出すように意識しましょう。なぜなら人前に出る場面だと、どうしてもいつもより声が高めになってしまう事が多いからです。声のトーンは高めよりも少し低めのほうが、聞き取りやすいと言われています。

 また口調が早口になってしまうと、慌ただしい印象を与えてしまいます。お腹から発声するようにハッキリと口を空け、ゆっくりとした話し方を意識すると、落ち着いた雰囲気や安心できる印象を与えることができます。

相手に合わせた言葉選びと変換をする

 「睡眠時間が不足すると仕事の効率が下がります」というフレーズを子どもに対してそのまま使う人はいないと思います。例えば「たくさん寝ることができないと、疲れたままでお仕事が上手くできなくなってしまうんだよ」というように相手に合わせた言葉を選んで変換しながら話すはずです。この言葉選びと変換作業が上手にできるようになると、相手とコミュニケーションが十分にとれる話し方になります。与える印象よりもまず先に気にしなければならないのは、双方お互いが理解できているかどうか、言葉が通じているかという点です。
 
 難しい単語や専門用語ばかり並べられても、相手に通じなければ何の意味もありません。テレビ番組の司会者や解説者は、視聴者という相手が理解できる適切な言葉を選びわかりやすく話しをしいるので、親しみやすいという印象があります。お気に入りの解説者などがいればそのような人たちの話し方を参考にするのも一つの方法です。

場を盛り上げる質問形式を活用する 

 はい、いいえの二者択一の質問を投げかける、相手の意見を問うなど、相手も巻き込んだ形の話し方は、その場を盛り上げます。自分はこう思いますが、あなたはどうですか?と聞かれた相手も会話に参加することになりますし、そこから違う話題へといった流れで盛り上がっていくはずです。質問を投げかけることで、一方通行ではなくコミュニケーションをとりたいという気持ちを伝えることができます。
 
 このような話し方をする人は、相手側にとっても話を継続したいと思うものです。この面白い!興味深いと印象に残る場合というのは、たいてい話が盛り上がった時ですね。話し方が面白いのか、内容が興味深いのか、その人と話をしていて楽しいと印象に残ったのか、おそらく後者の話し方が一番印象に残るはずです。このように話し方一つで相手に与える印象は変えられますし、ちょっとした工夫と意識で大きな変化を与えることもできるのです。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する