1. 【あなたは大丈夫?】威圧的な話し方をする人の特徴と改善方法

【あなたは大丈夫?】威圧的な話し方をする人の特徴と改善方法


 社内の人と会話する際、話し方が威圧的で苦手なという人もいるのではないでしょうか。また、自身の話し方が威圧的で他人から敬遠されがちという人も中にはいると思います。威圧的な言葉は相手を萎縮させてしまい、相手との円滑な関係を阻害してしまうため、出来れば避けたいものです。そこで、円滑に会話ができるようにするために、威圧的な話方をする人の特徴とその改善方法を紹介していきたいと思います。

特徴1:とにかく大声で怒鳴る人

 何かミスがあった時などに些細なことでも大声をあげ、怒鳴りつけるように会話をする人がいると思います。そういう人がいると、職場全体が引き締まって仕事がうまく捗ると思う人もいるかもしれませんが、現場の人間としては些細なことで烈火のごとく怒られていては、かえって萎縮してしまい仕事も捗りませんし、何かを伝達する際にも話ずらいので、重大な連絡が滞ってしまうことになりかねません。
 
 大声で怒鳴ることを改善する方法は、怒る前に一呼吸おくということです。そうすれば、どこがいけなかったとかを考える時間を与えることができます。その考える時間の間にいったん怒りを抑えることができますし、冷静に間違いを伝えられるので、結果的に起こる反応を小さくすることができます。

特徴2:威張っていたり、威圧的な人

 話をしていると、やたら自分自身のスゴさを強調したり、自分の言うとおりにさせようとしてくる人がいます。そういう人は、基本的に相手の不遜な態度に腹を立ててその人のことを避けるようになってしまいます。そうなると仕事の連絡や業務の連携に支障が出てしまうことになるでしょう。
 
 このような態度を改善する方法は、少し謙虚な考えにになることです。一つ自身の態度を大きく見せずに少し傲慢さをなくすだけでも、それだけで相手の印象は変わります。また、このような態度はその人自身の自信のなさから自身を大きくしようと見せるために起こることです。自身が足らない点を冷静に見つめなおすことによってそれをどう補うか、どう改善するかを考え、実行すれば自然と自身が足らなかった点を謙虚に反省できるようになり、満たされていない点も改善されるので、大きな態度や脅し文句をつけることも減ってくるでしょう。

 
 以上のような点を意識し、改善していけば、周りとの関係もよくなって仕事も円滑に進めるようになっていくと思います。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する