1. 上司との人間関係に悩み、退職を考えている人におくる3つの改善方法

上司との人間関係に悩み、退職を考えている人におくる3つの改善方法


 ビジネスパーソンが退職する理由として、まず挙げられるのが、人間関係ではないでしょうか。建前上の理由は「家業を継ぐため」「地元に戻る」「結婚する」といった当たり障りのないものでしょうが、実際のところは職場の人間関係に悩んでいたという例は多くあります。職場の人間関係の中でも、仕事をする上で上司と関わらずに済む日はないため、上司との人間関係が上手くいかないというのは非常に難しい問題です。ここでは、上司との人間関係に悩みを抱えている人達に向けて、改善方法を幾つか紹介していきたいと思います。

1. 上司とのコミュニケーションが取れていない場合

 人間関係がうまくいかない場合、往々にしてコミュニケーションが十分に取れていないことが原因として考えられます。 まずはあなたから、上司と仲良くなるように努力してみましょう。
 
 例えば、仕事の相談を上司にしてみる、朝の業務開始前に上司に話しかけてみる、ランチを一緒に食べに行くなどが挙げられます。 話をする機会が増やしてみると、相手のことが分かるものです。まずはあなたから行動を起こしてみましょう。

2. 上司から暴力をふるわれている場合

 上司から暴力をふるわれることがあれば、仕事以前に法律違反の行為を上司がしていることになるので、人事担当者に相談してみると良いでしょう。人事担当者は事実を確認し、上司に問題があると判断されれば、人事異動等の対応を取るはずです。
 
 万一、人事担当者に相談しても取り合ってもらえない場合は退職を考えた方がよいでしょう。法に反した行動をとる会社・上司の下では、安心して仕事ができません。あなたのメンタルに支障をきたす前に、新しい職場を探すべきです。

3. 仕事内容にやりがいを感じる場合

 上司との人間関係がうまくいかないけれど、仕事内容にはやりがいを感じる場合、 すぐに退職を切り出すことは賢明ではありません。 仕事内容にやりがいを感じていて、それを励みに頑張れているのであれば、もう少し頑張ってみましょう。 仕事の実績をある程度積んだ方が、転職する際のアピール材料になります。

 
 
 また会社には定期的に人事異動があり、上司が異動するといった可能性もあります。 上司との人間関係は業務上のものと割り切り、しばらく仕事を頑張ってみることをお勧めします。その間、我慢ならない事態が発生した時に、退職を切り出すのでも遅くはないでしょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する