1. 余白や誤字部分に斜線を引くときの「斜線の引き方・正しい向き」

余白や誤字部分に斜線を引くときの「斜線の引き方・正しい向き」

余白や誤字部分に斜線を引くときの「斜線の引き方・正しい向き」 1番目の画像

 ビジネスシーンで意外にもあるのが、書類に斜線を引くというシーン。

 書類を書いている最中に「左上から右下」に引くのか「右上から左下」に引くのか迷ったことはないだろうか?

 書類で空欄を抹消する場合などに必要な「斜線の引き方」について、改めてチェックしてみよう。

【斜線の引き方・手書き編】手書き書類の空欄を抹消する

 空欄を消す場合にも斜線を引くことがある。

 複数行ある場合には「以下余白」と表記することもあるが、空欄を抹消する際に斜線を引く場合「左上から右下」「右上から左下」、どちらが正しいのだろうか?

簿記の場合は「右上から左下」に斜線を引く

余白や誤字部分に斜線を引くときの「斜線の引き方・正しい向き」 2番目の画像

 簿記の場合、余白線は「右上から左下」に引くのが常識。

 簿記の知識がある人であれば「右上から左下」に斜線を引くだろう。

 また、一般書類の場合も「右肩上がり」として縁起がよいという意味で、「右上から左下」へ表記することが一般的な斜線の引き方とされている。

手書きの書類の空欄を抹消する際の「斜線の引き方」

  • 【簿記/一般書類】余白線は「右上から左下」に引く

「右上から左下」の斜線は“右利きの人”が引きやすい

 「右上から左下」の斜線が一般的とされているのには、もう1つ理由がある。

 「右上から左下」は、右利きの人が引きやすいとされているから、という理由だ。

「左上から右下」の斜線は、数字の「1」と間違えやすい

 NGな引き方である「左上から右下」への斜線は、数字の「1」と間違えやすいという欠点がある。

 結論として、帳簿などの書類でない場合は「右上から左下」に斜線を引こう。

【斜線の引き方・PC/数字編】エクセルの空欄、抹消する箇所、数字に引く斜線の向きは?

エクセル、スプレッドシートでの「斜線の引き方」

余白や誤字部分に斜線を引くときの「斜線の引き方・正しい向き」 3番目の画像

  ちなみに、抹消する箇所がエクセルやスプレッドシートのセルであった場合、「左上から右下」に向けて引くのが基本だ。

 エクセルで空白部分に斜線を入れる場合も「左上から右下」なので、しっかり覚えておこう。

エクセル、スプレッドシートでの正しい「斜線の引き方」

  • 【エクセル/スプレッドシートの余白の抹消、セルの抹消】
    斜線は「左上から右下」に引く

算用数字の「0」、記号「=」に斜線を引く場合は?

余白や誤字部分に斜線を引くときの「斜線の引き方・正しい向き」 4番目の画像

 算用数字の「0」に斜線を加える場合は、「左上から右下」に引くのが一般的だ。

 「=」に斜線をかける場合、「≠(ノットイコール)」というパソコンの文字どおり、「右上から左下」への斜線が正しいとされている。

算用数字「0」、記号「=」の斜線の引き方

  • 【算用数字「0」】斜線は「左上から右下」に引く
  • 【記号「=」】斜線は「右上から左下」に引く

 斜線を引くシーンは、書類作成時やエクセルデータ作成時などと実に幅広い。

 「シーンによって斜線の書き方(斜線の向き)が異なる」ということを念頭に、斜線を引く際は「左上から右下」なのか、「右上から左下」なのか、一度立ち止まって考えてみよう。

20代・第二新卒の転職も当たり前の時代!20代専門の転職エージェント「マイナビジョブ20's」

余白や誤字部分に斜線を引くときの「斜線の引き方・正しい向き」 5番目の画像

 余白や誤字部分の斜線の引き方を始めとする、社会人としての知識がついてきた20代や第二新卒の転職は、今後の活躍を見据えて需要を増している

 そんな20代・第二新卒に特化した転職エージェント「マイナビジョブ20's」では、「初めての転職で、転職活動の進め方がわからない」「転職活動のために必要な資格が知りたい」「今後のキャリアプランを一緒に考えてほしい」など、20代ならではのさまざまな相談に専任アドバイザーがしっかり対応してくれる。

 若手を専門としているからこそ、若手の内定合格率を上げることができるのだ。

 20代・第二新卒で転職活動を始めたいという人は、一度「マイナビジョブズ20's」に会員登録をしてみてほしい。

キャリアアップ特集

・【海外勤務】挑戦するなら、今しかない
「海外で活躍するチャンス」がここにある。あなたの経歴や志向から、ぴったりの海外勤務求人をご提案。(ビズリーチ)

・正直、大手に行きたい
「定年までこの職場で働くのか…」給与、仕事内容、将来性、労働条件etc... 不満はあるけど諦めていた方にもぴったりの求人をお届けします。(ビズリーチ)

Sponsored by 株式会社ビズリーチ

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する