1. 余白や誤字部分に斜線を使うときに覚えておきたい、書類における斜線の書き方

余白や誤字部分に斜線を使うときに覚えておきたい、書類における斜線の書き方

 ビジネスシーンにおいて無いようであるのが、書類に斜線を引くというシーンです。書類を書いている最中に「右上から右下」に引くのか「右上から左下」に引くのか迷ってしまったことはありませんか?

 ここでは、書類で空欄を抹消する場合などに必要な斜線の引き方についてご説明していきます。

手書き書類において空欄を抹消する場合

 空欄を消す場合にも斜線を引くことがあります。複数行ある場合には「以下余白」と表記することもありますが、斜線を引くのとどちらが正しいのでしょうか。

 簿記の場合には余白線は「右上から左下」の為、簿記の知識がある人であれば必ずこの方法を取ることだろうと思います。また、一般書類の場合は特に「右肩上がり」として縁起がよいという意味でも「右上から左下」へ表記することが通常のようです。

 この理由は「右上から左下」の方が、右利きの人にとって引きやすいからとされています。特に、フリーハンドでループを作る際などには「右上から左下」の方が断然書きやすいでしょう。またこれは「右下から左下」への斜線は数字の「1」と間違えやすいという欠点もあることからこのように引かれるようです。一般的には、書類においては右利きの場合は「右上から左下」、左利きの場合には「左上から右下」に引くのが通常なので、覚えておいて下さい。

数々の斜線

 ちなみに、抹消する箇所がセルであった場合には「左上から右下」に向けて引くのが基本になります。これはエクセルで空白部分に斜線を入れる場合などでも見られます。

 算用数字の「0」に斜線を加える場合には「左上から右下」というパターンが一般的なようです。「=」に斜線をかける場合には「≠」というのがパソコンの文字にもあるように、「右上から左下」への斜線が正しいとされています。様々な斜線が見受けられますが、使用するときは他のものと見比べて、使用するシーンに適した斜線の書き方が大切です。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する