1. ビジネスシーンでの書類に金額を記載する際の書き方テクニック

ビジネスシーンでの書類に金額を記載する際の書き方テクニック

 ビジネスシーンでの書類作成では、金額を記載する場面も多いです。一見、特に意識せず金額を記載している場合もありますが、書類に金額を記載する時に、いくつかの効果的な手法があるのを知っていますか?

 時に見やすさやインパクトを与えてくれる書き方ですが、書類に金額を記載するのに役立つ、効果的な書き方のテクニックをご紹介します。 

書類に金額を記載する時の書き方あれこれ

 さて一口に金額といっても、実はその書き方には様々あります。 1億6500万円、34,000円、¥2,500など、普段何気なく目にしている金額の書き方ですが、良く見るといくつかの種類に分かれています。 

 例えば、新聞や雑誌などでは億や万までの単位を漢字で表記しており、 千、百、十と言った単位は、言い切りの場合のみ使われています。こちらは、目で追う読みやすさを重視した表現方法です。 

 そしてビジネスマンでは目にする機会の多い領収書。 領収書では、頭に「¥」を付け最後の単位には「-」や「※」が付けられます。こちらは、金額の改ざん防止の意味も込められています。また勘定元帳など大きな額が使われる書類。ここでは千円単位を用いて、見やすさとスペースを意識した金額表示がされています。

見やすさを重視した金額を記載するテクニック

 それでは具体例を用いて金額を見比べてみましょう。

 265490300円を例に挙げて説明します。数字の羅列にすら見えてくる、桁の多い金額。このような数字を書類に書く時には「2億6549万300円」「265,490,300円」「265,490(千)円 」などの書き方が一般的です。 

 「単位のみ漢字を用いる場合は,(カンマ)を使わない 」「,(カンマ)を用いる場合は3桁ごとに区切る」「千円単位で表記する場合には、その旨を記載する」のがポイントです。

 書類に書かれた金額を元にしてその金額を見比べたり口頭で説明したり、そのような場合にも、見やすく口にしやすい記載方法となっています。 書類に金額を書く際に、見やすさを重視した書き方をしたいなら、効果的なテクニックになるので覚えておきましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する