1. 【社会人の基本】 ビジネス文書で使う“各位”の意味と書類への書き方

【社会人の基本】 ビジネス文書で使う“各位”の意味と書類への書き方

【社会人の基本】 ビジネス文書で使う“各位”の意味と書類への書き方 1番目の画像

 ビジネスメールの宛先に用いられる「各位」。

 そんな「各位」の意味や正しい使い方について問われたとき、あなたは明確に説明することができるだろうか?

 本記事では、そんな「各位」の意味と使い方について今一度振り返ってみたい。

そもそも「各位」とは? 各位の意味と正しい使い方

「各位」とは?

 「各位」とは複数人に対して使う言葉で、「おのおのがた」「皆様方」という意味を含んでいる。

 「各位」とは、送り先の一人ひとりに敬意を払う“敬語”であることを覚えておこう。

「各位」を使うビジネスシーンとは?

 「各位」は、「複数人に出している書類」や「自分自身に関係がある内容」であることを送り先に示す場合に使われる。

 そのため、多くの人に対する案内やお知らせのメール、書類などの宛名で活用されることが多い。 

書類やメールに用いる「各位」

 書類やメールに「各位」と書くのは、個人宛の書類でいう「○○様」と記す宛名欄である。

 お客様などの個人に対して「各位」を使う場合、「お客様各位」「お得意様各位」などと明記することが一般的だ。

 社内外問わず、複数名の個人に対して伝えておきたい連絡事項や、案内などがある際は「各位」を使って連絡しよう。

目上の人へ連絡する際に「各位」を使っても問題ない

【社会人の基本】 ビジネス文書で使う“各位”の意味と書類への書き方 2番目の画像

 ビジネスパーソンの中には「各位」という言葉を、上から下に向けた表現と思っている人もいるようだが、これは大きな間違いだ。

 先述したように、「各位」には言葉自体に“敬称”の意味がある

 そのため、目上の人への連絡に「各位」を用いても、全く失礼なことではないので安心して使ってもらいたい。

目上の人に連絡する場合の「各位」の使い方

 ビジネスシーンにおいて、上司などの目上の人に対して「各位」を使う場合は「役員各位」「支店長各位」といった使われ方をすることが多い。

 ただし、これは大勢の上司をまとめて敬った表現方法だ。

 企業によっては「各位」という言葉で一括りにせず、個人の名前を用いるところもある

 そのため、社内連絡で「各位」を使う場合は、一度社内メールの「各位」の使い方を確認してみるとといいだろう。

「各位」を使った書類の書き方に関する注意点

【社会人の基本】 ビジネス文書で使う“各位”の意味と書類への書き方 3番目の画像

 「各位」の意味や使用シーンについて理解したら、次は「各位」の使い方で注意しておきたいポイントをチェックしておこう。

「各位」を使うときは“二重敬語”に注意!

 「各位」を使う場合の注意点として、「様や御中などの“敬称”と重ねない」「個人に宛てた書類には使わない 」などというポイントがある。

 敬称である「各位」は、単体で「皆様」という意味を含んでいるのだ。つまり、「各位」に“様”や“御中”、“殿”などをつけてしまうと、二重敬語になってしまうのである。

 「各位」を宛名にする場合、間違っても「各位様」「各位御中」といった表現をしないように気をつけよう。

 しかし、消費者向けのダイレクトメッセージで用いられる「お客様各位」「お得意様各位」といった表現は一般的に許容されているので、使用しても問題ない。

複数の個人宛ての「各位」は、個人宛の書類には不適切!

 また、個人宛ての書類やメールには「各位」を使わないのが基本だ。

 あくまでも「各位」は、複数の個人に対して使う敬称である。

 個人宛ての書類を書く場合は「様」を、1つの企業に向けて書類を書く場合は「御中」を使おう。


 「各位」の意味や正しい使い方について紹介してきた。

 ビジネスシーンで多用するものの、そこまで詳しい使い方は知らなかった……という人もいるのではないだろうか?

 新人に「各位」の正しい使い方を説明する際、言葉の意味を知っているとわかりやすい説明ができるようになるはずだ。

 ぜひ本記事を機会に、「各位」の意味や正しい使い方を覚えてもらいたい。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する