1. 寸志の意味から分かる!歓迎会で渡すべき封筒の種類

寸志の意味から分かる!歓迎会で渡すべき封筒の種類

出典:www.flickr.com
 社会人になると、歓迎会で「寸志」を渡す場面も出てくると思う。通常寸志とは、心ばかりの贈り物という意味で、自分の贈りものをへりくだっていう意味の言葉である。賞与やボーナスに値しない金額で無い場合に、寸志を用いられる。

 ここでは、歓迎会で渡す寸志において適切な封筒に関して紹介していくが、日本特有の風習を重んじ、社会人としても知っておきたいマナーの一つとして寸志の意味を覚えておく方がいいだろう。

歓迎会での寸志の意味

 はじめにも述べたが、寸志とは心ばかりの贈り物という意味で、自分の贈りものをへりくだっていう言葉なので、歓迎会の会費に「ほんの少しの気持ちですが足しにして下さい」という感謝や心づけの意味で寸志を渡す。

 歓迎会での寸志は、会社によって異なるとは思うが、日本の社会の慣わしを重んじて行っているところは多々ある。まずは寸志の意味合いを理解しておこう。

寸志の意味からわかる封筒に関する注意

 寸志の封筒の種類として、祝儀などでは「花結びのし袋」だ。少しランクを落としたいのであれば「赤棒のし袋」がある。お祝いごとに適しているため、それを使用するのが一般的だろう。今時は寸志用に文字入り封筒も販売されている。

 ただ、仕事関係で催される歓迎会においては冠婚葬祭のような厳粛で決まりごとも多いわけではないため、白い封筒に表書きして寸志を渡すことも可能だ。寸志とは、目上の人から、目下の人に渡すお礼や心づけの意味のため、目上の人に渡す時は「寸志」とは書かない。目上の人に寸志を渡す場合の適切な言葉として、「御礼」「謝礼」「謹呈」「薄謝」「御祝儀」「祝御盛会」などがある。歓迎会に用いられやすいものとしては「御礼」「御祝儀」「祝御盛会」などがよいのではないだろうか。相手との関係で書く言葉も変わってくるので、寸志を渡す際の言葉を知っておく事も社会において大変重要なことだ。

寸志の意味から分かること

 以上のことをまとめると、歓迎会において、会費として「ほんの少しの気持ちですが足しにして下さい」という感謝や心づけの意味で寸志を渡すということ、寸志用の封筒には祝儀用封筒で種類もあるが、白い封筒に表書きして寸志を渡しても可能だということ、寸志の表書きの言葉は、相手との関係性で意味合い変わってくるということである。


 社会人として、歓迎会において寸志を渡すにあたり、ただ封筒を選ぶのではなく、以上のことをふまえて適切な封筒を選び、表書きの際も最善の注意を払おう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する