1. フリーランスの営業マンが成功するための最適な服装の選び方

フリーランスの営業マンが成功するための最適な服装の選び方

 皆様の中には会社に属さずにフリーランスとして営業活動をされている方がいると思います。その際に多くの方が疑問に感じるのが営業回りの服装をどうすれば良いのかと言う所です。スーツも良いが維持していくのが面倒と感じますし、何より購入金額が高くなります。またラフな服装ですとお客様からその格好は何だと叱られる時があります。では、フリーランスの営業マンはどのような服装が最適なのでしょうか。今回は、そのことを説明したいと思います。

スーツと私服を加えてみる

 スーツのみだと維持するのが大変で、かと言ってラフな服装だとお客様からお叱りを受けてしまうことがあります。そこでスーツと私服を組み合わせた服装にしてみましょう。例えば上半身を会社に通っているかのようにワイシャツにネクタイ、そしてスーツ姿ですが、下半身はスーツと思えるようなスラックスにしてみましょう。中にはスラックスでなくジーパンにしている方もいます。それでは失礼ではないのかと思われる方もいますが、コーディネイトによってはスーツより綺麗な着こなし方になります。よれていたりアイロンがけをされていないスーツを着て来るよりも、そのような服装の方がよっぽど印象は良いでしょう。

 ただし、コーディネイトによって印象は異なりますので上下のバランスが成り立っていない場合は、反対に失礼になる場合があります。そのため一冊ぐらいはファッション関連の雑誌を購入して服装を整えるようにしてみましょう。

小物を活かした服装作りをしてみる

 会社に属している場合、服装から小物まで限られたものになってしまいます。特に小物に関しては営業バックでしたり、財布にも気をつかって行かなければなりません。そのためフリーランスの方々も、以前のことが抜けきっていないのかそのままの小物を使用している方々がいます。それでも悪くありませんが、フリーランスであるのなら企業に縛られていないため、小物を上手に活かした服装を心がけても良いと思います。例えば営業バックをA4用紙が入るぐらいの大きさのクラッチバックに変更してみたり、財布に関しても黒でなくキャメル色に変更してみたりと工夫をしてみましょう。

 このように工夫するところは大いにありますが、先にも述べたように多くのフリーランスの方々は小物に工夫をしない方々が多い印象があります。そのため他のフリーランスと違うと思わせるには服装だけでなく、小物も活かして服装作りを行っていきましょう。

 最後になりますが、例えフリーランスであっても服装や小物には気を使っていかないと、相手から軽く見られたり時には失礼に値することもあります。そのため例えば先に述べたようにファッション関連の雑誌を購入して勉強してみたり、フリーランスの方々の服装を見て学んだりしてみましょう。すると自然に相手へ好印象を与える服装になっていきますので工夫をしてみましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する